1 :@@@ハリケーン@@@φ ★2011/09/28(水) 23:27:53.75 ID:???
<前略>

 なぜ、自殺は減らないのだろうか。これまで自殺が多発する理由は「不景気」「ストレス
社会」などにあるといわれた。しかし、ここには見落とされている観点がある。同じく98年
頃から抗うつ薬売り上げが急伸しているという事実だ。実際、98年に173億円だった抗うつ
薬の売り上げは翌年以降増え続け、06年には875億円に達している。

 同時期にうつ病患者も急増した。厚生労働省の調査ではうつ病が大半を占める気分障害
患者数は1999年に44万1000人だったが02年には71万1000人、2005年に92万4000人に達し、
08年には100万人を突破した。

 98年頃を境に自殺者数、抗うつ薬売り上げうつ病患者数が増加する。これは何を意味
するのだろうか。

 精神医療の現場における「薬」の役割が相関を解くカギになる。

 全国自死遺族連絡会会長の田中幸子さんの長男・健一さんは警察官だった。仕事ぶりは
真面目で責任感が強かった。05年5月、勤務していた交通課管内で高校生3人が死亡する大き
な事故が発生し、不眠不休で処理にあたった。

 やがて健一さんは心労と過労が募って吐き気を催すようになり、めまい耳鳴りがひどく
勤務できない日もたびたび生じた。耳鼻科や眼科では治らず田中さんの勧めもあり、休職
して近所の心療内科を受診した。すぐにうつ病と診断され、薬を処方された。田中さんは
こう証言する。

「息子は薬を手放せなくなっているようでした。私は病院を受診して、お医者さんの言う
とおりに薬を飲めばうつは治ると思っていたのですが……」

 しかし、初診からわずか1か月後、05年11月に健一さんは妻と娘と住む官舎で突然首を
吊った。遺書はなかった。田中さんは続ける。

「携帯電話を見ると、妻から“なぜ働かないのか”といった類のメールが何十通もきていま
した。息子の置かれている状況がよく理解してもらえず、サボっているように見えたのかも
しれません」

 本来、休息が必要なはずだが、休むよりもむしろ働かなくてはという想いもあったのかも
しれない。

 息子の死後、担当医に電話すると「診察に来ないと話は聞けない」と言われた。死の報告
をするためだけに初診料を払って「受診」した。不誠実さに腹が立つと同時に、それまで
信用していた医師に対して不信感を抱くようになった。田中さんは言う。

「その後遺族の会を作って、多くの人が息子と同じように精神科を受診し、投薬を受けた
上で亡くなっていることを知り衝撃を受けました」

 前出の同会の調査では、1016人中、自宅マンションから飛び降り自殺した人は72名。
その全員が精神科の診療を受け、抗うつ薬などを1日3回、5〜7錠服用する薬漬けの状態だっ
たことも判明した。ここからは、飛び降りという衝動的な行為を処方薬が引き起こした
可能性さえ疑われる。

※SAPIO2011年10月5日号

ソース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110928-00000011-pseven-pol
77 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:28:39.60 ID:y+JjIMTQ
>>1
精神科病院というのは、
社会不適合者の排除の代行こそが商売ですが、何か?

古くは、精神分裂や痴呆などを監禁して家族の負担を減らす商売。
新しくは、鬱病を餌にして社会不適合者を探しだして排除。

真の鬱病ならば再発を繰り返すして社会の負担は莫大なものになる。

自殺衝動を強化する新しいタイプの抗うつ薬は、
社会不適合者の処分を自分自身で決行させるという奇跡の発明。

医者が責任を問われることなくゴミ処理が可能なのだから、まさに奇跡の薬。

150 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:10:08.31 ID:0JuOKItx
>>1
まあでも本当にうつ病も増えてるんでしょ。
薬なんか飲んでも焼け石に水だからね。
気分良い状態なんて薬でコントロールできるわけがない。
薬飲んでさらに訳分からん不安定な精神状態になってるんだわな。

ただバブルと同じで人間の気分は思い込みで全く変わるからな。
辛い時代だ、うつや自殺が多い時代だと思い込んでるだけで本当にうつになる。
逆にバブルの時は良い時代だ、成長してると思い込んでるだけで本当に景気良くなるし。
4 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:31:49.76 ID:oM4GTWpR
実際、欝じゃないのに、医者に欝認定されて
おかしくなるケースもあるらしいね
46 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:51:43.12 ID:9e5RkEp4
>>4
そりゃあ、患者側の態度にも問題があるんだよ。
単なる仕事や学校に行きたくない病なのに、それじゃあ病気扱いしてもらえないから
手っ取り早くフリができる「うつ病」です!と自ら訴える。
上でもでてるがパキシルとか抗うつ薬は、無気力になってる本物のうつ患者が使えば日常生活が営めるレベルに活動的になるのだが
本当はうつ病ではない人が飲むと、自分にも他人にも攻撃的になる=衝動的な自殺や他傷行為などを引起す。
だから、病気の診断書がほしいだけの偽うつ病患者は、薬は飲まずに捨てるべき。
5 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:32:13.12 ID:lCWDTKA3



143 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/10/22(水) 22:45:10.16 ID:pBXhqlsJO
パンの袋を止めるクリップみたいなのの名前はクイックロック

655 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/10/23(木) 00:13:01.38 ID:DkVIRn7OO
>>143
クイックロック社が特許をとっており、現在クイックロック社以外は製造していないことからそう呼ばれることもあるが、
正式名称バッグクロージャー


6 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:32:41.24 ID:ahcJEMFX
あれ?精神科って社会に適応出来ない人間を早めに始末する施設だから正しいんじゃないの
9 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:35:16.73 ID:TY5SuN33
精神科では抗うつ剤以外でも人を○せる
自○させるか他○かの違い
11 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:35:46.52 ID:3JR3xuY6
せめて二ヶ月は我慢してくれてたら状況は変わってたかも知れんのだが
12 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:36:15.53 ID:1/+Vxn9e
喫煙率の低下と自殺率の増加とか絶対に禁煙テロの役所は発表しないだろうな。
15 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:38:04.32 ID:wG231g1p
>>12
因果関係がないけどな
13 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:37:12.19 ID:gZPpHP3T
やっとパキシルサインバルタ断薬した

こんな離脱症状きつい薬処方してんじゃないよ〜
黙ってハイハイ言ってたら1日17錠も処方されてたよ
ここ数年ハイテンションな変なオッサンになってたし健忘は出てくるし
抗うつ剤、安定剤、睡眠導入剤、抗不安剤…
調べたらどれも依存性高い薬だった

マイスリーラボナハルシオンサイレースが同時に出てたんだぜ
そりゃ小人も出るわ

みんな薬飲む時はきちんと確かめて。言われるがままに飲んだら駄目だ

33 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:45:08.18 ID:zRwPci5O
>>13
患者さんには気持ちよーくなっていただいて
また来ていただかないとねw
18 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:39:00.89 ID:XKnjSh8y
心療内科へ行って重労働気味になってから寝られないと訴えたら、「疲れてるハズなのになんで寝られないの?」と訊かれたw
行くだけムダだぞw
154 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:20:45.47 ID:qQ+Ag/9Z
>>18
こっちが聞きたいわ
って感じだなw
158 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:26:01.02 ID:DVbA1GAd
>>18
> 心療内科へ行って重労働気味になってから寝られないと訴えたら、「疲れてるハズなのになんで寝られないの?」と訊かれたw
> 行くだけムダだぞw

心療内科精神科医じゃない場合がある落とし穴
20 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:40:01.06 ID:8IQgqtUq

こんなん単に1998年以降の日本版金融危機に伴う深刻な景気悪化とたまたま時期がいっしょだっただけの話だろw
21 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:40:13.20 ID:1EPRegKZ
抗うつ薬無かったら自殺してたわ
1軒目は予約じゃないと駄目だって言われて殺したろうかって思ったが何軒も電話して
予約なしのところが見つかったのが大きかった
22 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:40:44.58 ID:cv8o/lGZ
どうすりゃ治るのよ。神経物質の滞りが原因なのは確かなんでしょ?
152 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:13:53.94 ID:0JuOKItx
>>22
結局は気分だよ。
気の持ちようだよ直るのは。
前向きになれば直る。
バブルや景気だって人間の思い込みに左右される。

考え方→行動につながる→結果

だからね。
今の考え方も結果からきてる。
ダメだと思い込んだ時点で結果は出ない。
23 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:40:51.77 ID:7U+TNEqf
薬なんか信用したらあかん
どっこい自分のちからで治すんや
心も、体も、あんた自身のちからで治すんや
24 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:41:46.68 ID:btdqm6Ri
えーと、水飲んでる人って100年以内にほとんど死ぬらしいよ

…ってこと?
25 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:42:13.18 ID:L9roFJ3Y
じっさいはバセドー氏病だったのにろくな検査もしないで欝認定
クスリがあわないから変えてくれと精神科医にい
ったら同じ薬を処方されたとかラジオポッドキャストで聞いたな
27 :掃除好きの奥様2011/09/28(水) 23:42:27.16 ID:Y6p/sFV7
不眠と体重減少でうつ病と診断され、某医大病院パキシルを処方された。
ところが不眠がひどくなり、3日で全く眠れなくなり、落ち着かず、熱まででた。
病院に電話したところ、最初は2週間飲まなければ効果がでないので続けろという
いう対応だった。あまりに落ち着かずどうしようもなくなり、もう一度
病院に電話したところ、副作用かもしれないと言われて服用を中止するように
いわれた。結局今は体重も戻り、不眠も解消。
あれは何だったのだろうと思う。SSRはこわい。
29 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:43:26.27 ID:TY5SuN33
うつのどん底では何も行動できないしな。
投薬によってある程度行動力が回復するから自○するんだろ。
薬だけに頼らずカウンセリングや経済的支援などを複合的に行う必要あるんジャマイカ
でも実際には薬を出してハイおしまいみたいな医者が多すぎる。
30 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:44:03.97 ID:rKuRpwfe
■数字で見る「97年消費税増税」の影響〈1〉
http://wajin.air-nifty.com/jcp/2010/06/post-2255.html

 菅首相の発言−―「2010年度内に消費税改革案をとりまとめ、超党派での幅広い合意をめざす」、「超党派での法案提出が困難な場合は民主党が中心になってとりまとめる」(17日会見)。
 「早期に超党派で議論を始めたい。その場合、自民党が提案している10%を参考にしたい。そのこと自体は公約と受け止めていただいて結構だ」(21日会見)
 ・・・では、97年の消費税増税など9兆円負担でどうなったか。数字を拾ってみた。

【97年・消費税3%から5%増で、どうなったか】
 97年、消費税増税5兆円、医療の窓口負担増など9兆円の増税で「橋本不況」に…

橋本龍太郎の謝罪 「私は97年から98年にかけて緊縮財政をやり、国民に迷惑をかけた。私の友人も自殺した。本当に国民に申し訳なかった。これを深くお詫びしたい」(自民党総裁選 2001年4月)・・・ この点は政治家としての「まじめ」さを感じる。
34 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:45:49.55 ID:bHBkBtMf
抗鬱薬は効かなかったなあ
結局2年経って環境が変わったら良くなった

もしもう一度うつ病と言われても、薬は飲まないと思う
35 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:46:15.32 ID:rKuRpwfe
■数字で見る「97年消費税増税」の影響〈2〉

経済企画庁「需要の反動減が予想以上に大きく」「実体経済に影響を及ぼした」(98年・年次経済報告)

実質経済成長率 2%前後の成長率から一気にマイナスに
97年 +1.56%
98年 −2.05%
99年 −0.14%

国税収入 トータルでは減収に!
     消費税 法人税  所得税   計
96年  6.1  14.5  19.0  39.6兆円
97年  9.3  13.5  19.2  42.0兆円
98年 10.1  11.4  17.0  38.5兆円
99年 10.4  10.8  15.4  36.6兆円   増税前の96年から3兆円減
63 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:10:12.52 ID:bnpLoEBk
>>35
これってマスコミが煽りまくったのも原因だろ。
本当マスコミは日本のガンだな。
36 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:46:25.34 ID:LuQ2oq9+
鬱病は、薬じゃ治らないよ。
一時期1回で10種類以上飲んでた。未だに不眠症。でも薬はやめた。
特にSSRIやSNRIは、医者と製薬会社の儲けのためにあるとしか思えない。
37 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:48:10.76 ID:zRwPci5O
>>36
当たり前じゃないw
営利活動だよ?
ボランティアだと思ってた?ww
38 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:48:28.85 ID:rKuRpwfe
■数字で見る「97年消費税増税」の影響〈3〉

◆失業率 急増!
97年 230万人 3.4%
98年 279万人 4.1%
99年 317万人 4.7%

◆自殺者 急増!
97年 24391人
98年 32863人   8千人増。ここから現在まで12年連続3万人台
99年 33048人

◆日本の自殺者数、失業率、平均給与の推移
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/20110115-1.jpg
39 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:48:43.10 ID:rUfYHkfb
とりあえず、鬱の機構が解明されつつあるので、なんでも鬱診断していた藪医が困るだろう。
42 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:50:42.80 ID:rKuRpwfe
■数字で見る「97年消費税増税」の影響〈4〉

国債残高  増加幅が一気に拡大
96年 242兆円
97年 257兆円  +15兆円
98年 298兆円  +41兆円
99年 335兆円  +36兆円
00年 493兆円  +38兆円

◆中小企業の廃業率
91―96年 3.2%
96―99年 5.6%  約8割増に
99―01年 4.5%
01―04年 6.1% (小泉改革不良債権処理

◆日経平均・株価
95年 19868円
96年 19361円
97年 15259円
98年 13842円  増税前の約3割減。急落!
43 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:50:44.69 ID:+Nv6Xc+0
患者を薬漬けにすればするほど儲かる精神科医か…こいつら医者というより薬屋だな
60 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:06:46.83 ID:2Cy4YNua
>>43
そんなに良いもんじゃない。
健康保険制度に規制して、各種社会保障制度を悪用して、患者の人格を破壊して飯を食ってるんだから。
44 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:51:26.62 ID:L8L7cDve
脳はかなりデリケートだから、わけ分からん薬を飲まされると簡単に壊れるだろうな
45 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:51:29.40 ID:zRwPci5O
自分の精神を自分でコントロールしようとしないで
他人に心を預けたんだから
破滅するの当たり前じゃない
47 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:52:47.87 ID:2tFIW1tJ
しかたないっしょ。日本の医療製薬業界は、731部隊の生き残り
仕切っているんだから。半島大陸でやった実験を、日本国民に施して
いるだけ。もち昭和天皇や岸とかが命乞いバーターとして
申し出たんだよ。皇室栄えて民滅ぶ。美しい国、日本。
48 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:53:03.75 ID:rKuRpwfe
■数字で見る「97年消費税増税」の影響〈5〉

まとめ
1.増税で、景気が後退、税収も減に。失業、自殺、廃業が増加し、国の借金も増加。
2.93年―97年と雇用者所得が259兆円―278兆円と増加している時でこの影響!
  この10年間で雇用者所得が1割も減少している。
  今、消費税を10%に増税すれば、くらしも経済も財政も破壊される。
3.以後の小泉改革も大企業・大資産家応援の一方、定率減税の廃止など年13兆円の国民負担増をかぶせてきた。
  アメリカ過剰消費にたよった外需依存バブルははじけ、深刻な内需停滞と国内市場に見切りをつけた企業の海外移転、税収不足と空前の借金増加
  橋本不況と同じあやまちを繰り返した。そして三度、あやまちを繰り返すのか。

なおこの消費税増税 ―― 社会党党首を首班とする自社さ連立政権が、1997年4月を目処に消費税の2%増税を閣議決定し、実施されたもの。
 今の社民党には、その責任がある。
49 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:55:12.56 ID:bEh0JV7E
基地外カキコミが多いなw
SSRIがなかった時代
もの凄い副作用のある依存性高い薬を飲まされてたんだが・・

ここは本当に科学板か?
51 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:56:53.88 ID:bEh0JV7E
書き込みに陰謀論が多いだろ
キチガイが書き込んでる証拠だ
52 :名刺は切らしておりまして2011/09/28(水) 23:57:26.17 ID:+lEL/5Zk
やはりウツには鍼治療が一番ですよ
質問あればどうぞ
59 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:05:46.30 ID:4e9m6jr8
>>52
日光浴と組み合わせると最強?
53 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:00:06.56 ID:60oFvlst
検挙率を維持したいケーサツが、事件性のあるものまで自殺で処理するからだろw
54 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:01:56.88 ID:bEh0JV7E
ビジネス板だったorz
78 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:28:40.18 ID:MHHE+hl8
>>54
安心しろ
ビジネス板も科学板も
今じゃニュー速+の馬鹿が我が物顔で書き込んでるから
反応に大した違いはないから

てか、この記事に出てくる警官の自殺って
薬の投与よりも家族の無理解の方が要因な気がするんだが
良い医者とは思わんが、これを医者や投薬の責任にされたら
どこぞのジョークを思い出すわ

死んだ人間の多くは医者に関わっているから
人が死んだのは医者のせいに違いないって言い出す話
57 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:04:08.06 ID:tO5zAlTy
フクイチの近くで放射線浴びながらフルスロットルで暴走すると
スカッとしてハイになり鬱状態なんて吹っ飛ぶぞ
61 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:07:16.94 ID:2teoZ2y0
話し聞くだけで薬だけだす医者多いからな
62 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:09:35.18 ID:SjE71T0h
>>61
まぁ、結局、気分の問題だからなw
64 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:11:43.84 ID:oCthW52A
アホみたいに投薬する治療法は時代遅れなのに、未だにそういう治療法
やっている医師が居るんだな。
しかし、このSAPIOの記事は、精神医療全てを否定する様な論調で嫌だな。
俺みたいに自分に合った良い医者に巡り会って、そこそこ良い状態にまで
回復しているのも居るんだから。
65 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:14:45.92 ID:2HlaNXO4
実際、
「とにかく黙って早うクスリ出せやボケ」みたいな患者も多いんじゃないかね。
66 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:16:54.08 ID:SjE71T0h
>>65
そら、精神の渇望を脳をいじる薬で満たそうとする心理って
ジャンキーと一緒だからな
67 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:17:01.55 ID:32Ac5uDU
クスリは症状を抑えるだけ
直すには原因を自分で見つけて自分で何とかしなきゃならんのだが
そこを知らないやつばっかりなんだよな
医者がそれを患者に言わないってのが問題
69 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:17:49.16 ID:9cMvj9kr
精神病は環境とか人間関係が改善しなければ治らない
薬は感覚を麻痺させるだけで正常にならないし、逆に今まで健康だった身体のどこかに異常が出る場合もある

精神科に関しては、大学病院とかの大手よりも親身になってくれる町医者の方が良いですよ
70 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:20:15.87 ID:2Cy4YNua
>>69
それはない。
町の精神科医は患者を薬漬けにすることしか考えてない奴がほとんど。
もちろん、そうでないごく少ない例外もいるが、本当にごく希にしかいない。
75 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:26:50.71 ID:lUYXEvJ3
軽い適応性障害って診断されこう鬱剤処方され薬漬けされた

結局、自分自身の判断で薬止めて治ったよ

薬はなるべく飲まない方がいいよ
79 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:29:43.37 ID:SjE71T0h
結局、人間の存在の根底を問う問題になるから
宗教と絡んでくるよ
苦しみの多い人生に生まれることに
何の意味があるのか?っていう
根本的な問題にぶち当たる
119 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:29:11.90 ID:NLy7ZYFX
>>79
つうか、本来は医学の本質論からそうなる。
医学は、心身二元論を前提に、「身体を扱うための学問」であることは、
デカルトを読めば分かる。
精神科医は、正直一度デカルトに立ち返って欲しい。
寝ぼけた20世紀の精神分析学ではなく、哲学の根本。

でも、今、精神疾患を引き取れるだけの叡智を持つ宗教家って、
世界中に何人いるんだろう?とも思う。
デカルトの神の存在証明のくだりというのは、
特に日本人は、「神様ネタは全部馬鹿にするのが頭がいい証拠」とばかりに、
鼻で嘲笑って馬鹿にするんだけど、ものすごく重要な問題なんだよなあ。
125 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:35:32.35 ID:0JdQVYKO
>>119
デカルトみたいな昔の人の話を持ち出されて心身二元論とか言われてもねぇ。
精神疾患は脳という臓器の異常という考え方から、薬物療法があるわけだし。
162 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:30:37.11 ID:NLy7ZYFX
>>125
>脳という臓器の異常

結局それが傲岸な(でも理系日本人ほぼ全員の信仰でもある)「身体一元論」に騙されているということ。
セロトニンが減ることは結果であって、原因では無い。
「プロスタグランジンが出たことが分かった、どういう理由で出たのかは皆目不明」
というのが、精神医学のレベル。
いろんな研究があるが、ここでどうしても進歩が止まる。


なぜか?ここから先は肉体の問題では無いから。単純な話だ。
近代医学に何が出来て何が出来ないかは、デカルトが400年まえに設定している。
哲学を知っている人や、隣接の文系の素養のある人(政治学者など)にとっては自明。
でも、日本人医師だと、超一流でも全く知らない人がゴロゴロ。
だからデカルト嫁って言ったのさ。今の医者で、
デカルトの方法序説を和訳でいいから読んだことのある人って、何人いるかね?
日本人だと、指折り数えて数人程度なんじゃないの?
80 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:29:55.57 ID:jQc1DDjT
鬱だ死のう。でも鬱なんでマンドクセ

(薬飲んで)鬱だ死のう。よし、実行!
82 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:31:11.54 ID:VHHMXqqL
原発マフィア薬マフィア
日本には利権に集る人たちが沢山。
83 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:32:00.79 ID:SjE71T0h
苦しければ薬でハッピーになればいいじゃないって考え方
人生の苦しみには意味があって必要なもんなんだって考え方
深い問題だ
84 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:32:29.65 ID:ZNnXyzXs
抗鬱剤は鬱による症状を軽減するだけで鬱になる要因を取り除く訳じゃ無いから
単に自殺にまでなる人が多い時代→抗鬱剤を使う人も多い時代
86 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:37:35.95 ID:pGTMEPXp
鬱は甘えでなく、鬱はいじめ被害の方便だと思うw

自分が何でしんどいかよりも、いじめる奴がどれだけ基地外かを分析したほうが
手っ取り早く快復すると思うw
ああ基地外基地外だししょうがないよねw 生暖かく見守って関わらないでおこうってなるからw
87 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:37:50.12 ID:eaGh1GN7
1997年に消費税を増税したからだろ
88 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:39:00.19 ID:5b7HAS3i
>>87
またその嘘か。関係ないわ
■1998年の景気悪化は、1997年の消費税増税が原因ではない
コラム】1997年 大蔵省の敗北 財政支出歯止めがきかなくなった原因は?(池田信夫) [10/11/08] http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1289305948/
 http://news.livedoor.com/article/detail/5126513/
◆実質GDP成長率(速報ベース) http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0a/5e/9e128550d461de1e4cee7c35d1e0a9c3.jpg
 上の図からも明らかなように、
97年の1〜3月期までに増税前駆け込み需要でGDPが上がった反動で、4〜6月期には成長率がマイナスになったが、
『10〜12月期にはプラスに回復している』。
 『これが98年の1〜3月期に大幅なマイナスになったのは、97年11月の拓銀・山一の破綻後の金融危機が原因で、消費税とは無関係である』。
89 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:39:48.17 ID:5b7HAS3i
>>88
景気循環要因と異なる日本経済の構造的問題
■「景気が良くなれば売れるようになる」は嘘
 景気のせいならば、2002〜2007年の戦後最長の好景気と言われた時に、売上が増えていなければおかしい。
 しかし、その間も、百貨店などの売上は減り続けた。
 そう、景気以外の理由がある。
 モノを買わない、お酒は呑まない、車もあまり買わない、これは誰の行動パターンに似ているか?そう、お年寄りの行動パターン。
 「若者の〇〇離れ」ではなく、「お年寄りが増えたことによる〇〇離れ」が正しい。
 モノが売れなくなった原因は、
 ▽現役世代(生産年齢人口)が次々と65歳以上になり、現役の時みたいに消費する必要がなくなる
 ▽現役世代中心に売っている車・家電・お酒は、売れる数量が少なくなる
という、《人口の波》が消費を冷やしている。
 《人口の波》…現役世代の減少と、高齢者の激増が同時に起きる
■総人口のピークは2004年。生産年齢人口は1995年から減少
 ▽生産年齢人口の減少数…576万人(1995〜2009年、−約6%) ▽フィンランドの総人口…533万人(フィンランドの人口とGDPの規模は、北海道の560万人・GDP17兆円とほぼ同じ)
 ←『15年でフィンランドの総人口を上回る現役世代が減少』
◆30年後、生産年齢人口は30%以上減少
 ▽2010年:総人口…1億2600万人 生産年齢人口…8100万人
 ▽2040年:総人口…1億人 生産年齢人口…5300万人
 ▽2050年:生産年齢人口…−40.6%
91 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:40:20.20 ID:5b7HAS3i
>>89
◆日本の人口の波(生産年齢人口…15〜64歳)
 ▽1960年…団塊の世代10〜14歳。高度経済成長が始まる直前
 ▽1970年…戦後生まれの団塊の世代20〜24歳になり、就職を始める
 ▽1980年…団塊の世代30〜34歳になり、車や電気製品を買う
 ▽1990年…団塊の世代40〜44歳になり、家を買う。団塊ジュニア15〜19歳
 『団塊の世代とその子供の団塊ジュニアが45歳以下だった頃が、日本の内需が強かった時代』。
 ▽2000年…団塊の世代50〜54歳。65歳以上は増えているのに、新たに生産年齢人口になる人は減っていく
 ▽2010年…団塊の世代60〜64歳。バブルの1990年には非常に少数だった65歳以上が、わずか20年間に倍増の勢いで大きな塊に
 ▽2020年…団塊の世代70〜74歳、団塊ジュニア45〜49歳。『団塊ジュニアが45歳以上になり、日本人のみに頼る内需が完全に終わる』
 ▽2030年…団塊の世代80〜84歳、団塊ジュニア55〜59歳。『団塊の世代が介護年齢になり、その子供の団塊ジュニアが親の介護をする年齢に』
 ▽2040年…団塊ジュニア65〜69歳
 ▽2050年…団塊ジュニア75〜79歳

90 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:40:15.55 ID:gtMHGl1t
日光に当たる、食生活の改善、早寝早起き、まずはベースとなることをきっちりとだな。
薬だけでどうにかしようなんて限界がある、副作用あるしね。
94 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:47:36.31 ID:WdkA52D+
・薬飲んで治った(寛解した)人
・悪化した人
・自殺しちゃった人
一進一退の人

それぞれどんな割合か知りたい。

薬を出さないと医者も儲けが出ない仕組みだろうしなぁ。
でも薬漬けは怖い。
96 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:52:10.96 ID:y+JjIMTQ
>>94
日本では、鬱病と診断するかどうかが
医者の好き勝手のデタラメだから、信頼できる数字を期待しても無理だと思いますよ。
95 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:51:40.32 ID:lrNeoXAp
タミフルも異常行動と関連性があるとか無いとか。
おかしな化学薬品が身体に良い影響を及ぼすとは思え無いなあ
97 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:52:16.90 ID:T/rXZOtn
薬に依存してダメになっちまうってことか
怖いな…
108 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:05:38.73 ID:y+JjIMTQ
>>97
> 薬に依存してダメになっちまうってことか
> 怖いな…

真相は、医者の手によって、薬の依存症にさせられてしまって抜け出せない。
こうなると、最初の本来の症状と薬によって引き起こされた症状を分離識別できないから
治療が進むわけがない。一生、薬漬けの人生。

本気で治療するためには、まず薬漬けにされていた薬から離脱させることから始めないといけないという皮肉。
こういうトンデモ精神科医が山のようにいて、そこらじゅうで罠をはって待ち構えている。
99 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:53:11.63 ID:GOKG71Eo
>携帯電話を見ると、妻から“なぜ働かないのか”といった類のメールが何十通もきて

なんて不憫な…
俺も1日にメールを何十通も受け取っているが、
100万円もらえたり、円光の申し込みだったり、ラッキーなのばっかだぜ
転送してやれば幸せになれたかもな
100 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:53:33.34 ID:fR04FqWN
サピオなんて糞右翼雑誌の記事はやっぱり糞だな
処方量が適切かどうかの根拠を数値で示さずに、
悪い言葉でセンセーショナルに煽ってるだけじゃないか
102 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:57:10.43 ID:v66qXX7d
1998年なんてのは1997年から始まったデフレ政策に連動だろどう見ても。
103 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:58:10.58 ID:/TDdwEoU
SSRIは脳機能を破壊する。
止めても元には戻らない。
精神科医とメーカーは儲かるから飲ませたがるがね。
歩くのが一番マシ。
105 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:59:41.31 ID:uvC45u0G
どういうことだ
薬が変な方に効いて自殺に踏み切らせるのか
117 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:27:33.39 ID:g7Sr1t84
>>105
本物のうつ病の人には、薬は必要に応じて使わないといけないよ。
ひどい落ち込み期は、食事もとらず部屋に引き篭もり、生命活動が維持できないほどになることがある
そういう場合、行動を活動的にさせるよう脳に作用する薬を使う
それでやっと起きて食事をとり寝る、ということができるようになるわけ。

ところが、本当のうつ病でもないのに、「何もする気がおきません」などと大袈裟に病気アピールする人がこの手の薬を使うと
攻撃的になりすぎて自傷・他傷行為に走ることになる。その最たるものが自殺というわけ。
136 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:43:33.30 ID:y+JjIMTQ
>>105
>どういうことだ
>薬が変な方に効いて自殺に踏み切らせるのか

自殺衝動を強く引き起こすタイプの抗鬱薬が、
不必要な患者にまで
大量に投与されてきたのです。
139 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:47:42.17 ID:v/VI9rRh
>>105
うつ病とは似て非なる「躁鬱病」患者にうつ病患者と同じ投薬をすると、異常行動をエスカレートさせる場合がままある。
106 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 00:59:59.04 ID:vHiCsYTb
いきなり薬から入るのは日本人らしいというか、終わってる
普通はカウンセリングを経て、どうしてもダメな場合に薬が処方されるもんだ
107 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:02:08.83 ID:q3bWfboG
俺の知人が欝病なんだがその人はマジで頑張り屋で責任感が強くて教科書通りの欝病になるタイプ
そういう人だから周りが理解していて回復傾向にある

欝というのを悪用する怠け者がいる所為で本物の人までそう思われるのは可哀想だよ
109 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:06:51.72 ID:zkPf2VDO
少し前にうつ病血液検査で分かるようになるかもしれないというニュースがあった
実用化されたらうつ病抗うつ薬の効果がある程度客観的に評価できるようになるかもしれない
もちろん例外があるだろうから絶対ではないけど
114 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:15:38.79 ID:MHHE+hl8
>>109
血中タンパク質のやつだっけ?
あれは可能なら早期に実用化してもらいたいわ
128 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:36:30.38 ID:v/VI9rRh
>>109
まだ科学+にスレが残ってた。

【医学】うつ病血液検査で「ほぼ確実に診断」…広島大
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1314785090/
131 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:38:55.74 ID:0JdQVYKO
>>128
血液検査で確実に診断となると、どんなに精神的に参っていても
血液に異常がなければ、単に精神的に参っているだけで健康ですって
ことか・・・本末転倒な気もするが。
111 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:12:25.12 ID:NSjhsmmE
原発不安による欝が続いて未だ通院している。
大量にばらまかれた放射性物質の現実を受け止めているが、
守らねばならぬ家族がいる。
原因の解消はあるはずもなく途方に暮れる毎日。

なんとか仕事はしているが、結果出せずダメかもしれないと思う毎日。
どうすればいい?
174 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 03:03:44.84 ID:7wk4gyt3
>>111
もう見ていないかもだけど、111殿とほぼ同じ状況と察する俺がマジレス

>結果を出せずダメかもしれない
結果ってなんですか?
家族を守ろうとしている貴方の行動こそが事実であって
貴方自身の不安も含めて、俺は肯定する。

>なんとか仕事はしているが、
仕事って、お金?経済?将来?
違うでしょ、貴方という存在が居てこその 家 族 だし、
貴方が居なければ、(家族自体が、無関心だとしてもなじるとしても)
それも無いんだよ。(無かったんだよ。)

>>原発不安・大量にばらまかれた・放射性物質の現実。
>>原因の解消はあるはずもなく途方に暮れる毎日。
本当にそうだよね、あえて言うと
俺の言葉(レス)も含めて、自分の価値観や世間っていうものを信じるな!!!

自分 だ け が辛いなら、詩ねるよ。
家族の空間を構築し守っているファクターとして、貴方は絶対に必要だ。
あらゆる価値観や可能性を模索しろ。んで家族と一緒に居ろ。

捨てたもんじゃないんだ。
捨てる神あれば拾う神あり。

ネガティブな情報は、一旦遮断した方が良いかも。
112 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:12:55.68 ID:lrNeoXAp
芸能人の異常行動、
例えば華原朋美とか、たいがい薬が絡んでるよね。
覚醒剤じゃなくても睡眠薬とか、抗鬱薬とか。
113 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:14:26.97 ID:BShmbhql
精神的ストレスが増えたから自殺者が増えた。
治療のため抗鬱薬売り上げも増えた。

と言っても理屈が通る話だよな。
115 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:16:58.96 ID:0JdQVYKO
相関があっても、因果関係がどうかは別だというのは、統計学の基礎な。
116 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:17:20.78 ID:p+c3ei3N
抗鬱剤飲んだ事あるけど、明らかに脳に作用してるのが分かって
怖くなってすぐ止めてしまった
あれの超強力版が覚せい剤なんだろうな
190 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 04:12:12.17 ID:q3bWfboG
>>116
逆に脳の作用的には強い抗欝剤の方がヤバいと効くけど
アンフェタミン依存性がヤバいってだけで南米なんかじゃ今だ合法なんじゃなかった?
118 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:28:11.28 ID:UZKwUz6Z
人が死のうが薬が売れればいいんだろ。
医療費高騰で財政赤字で増税になろうが薬が売れればいい。
120 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:29:49.19 ID:5Aqeuv3I
今でもリタリンって手に入るの?
124 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:34:41.88 ID:v/VI9rRh
>>120
鬱や双極性障害ではまず処方されない。
例外があったと思うが、かなり重い疾患だったように思う。
127 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:36:07.21 ID:5Aqeuv3I
>>124
冬山登山とかに持っていけば役に立つかな?
121 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:29:50.05 ID:iP0qpPs3
金儲けに必死な精神科医が集うスレ


精神科で開業もしくは予定者 new2
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1304536479/

【初診】初めての精神科・心療内科【Part45】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/utu/1314599738/
122 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:31:16.67 ID:8C4+SOpN
医者は自分たちの高額の報酬を稼ぐために
診察時間を長く取らないからな

3分診療で何がわかるのかという話
123 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:33:34.10 ID:CoCNcTe7
精神病の治療率ってアフリカの呪い師と同じくらいなんだよな
そろそろ病院じゃなく環境を重視する政策に変えたほうが良いんじゃねーの
138 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:45:07.41 ID:v/VI9rRh
あのころは、治療法以前に、うつ病で治療を受けること自体がレアケースだった。

>>123
環境→ストレス→鬱→受診→投薬
たとえばこんな流れだもんな。
仮に抗うつ薬で脳の運びが正常になったとして、受け入れ先があるのは幸運な人だ。
環境と言う振り出しに戻る。戻ることすら拒否する人もいるが。
129 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:37:54.11 ID:x742HijP
投薬禁止でいいよ
糞医者が多すぎるから、そのほうが世の中のためになる
132 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:39:03.22 ID:W1t2Dj2x
統計的に抗鬱材剤に原因があるのは明らか!!発売禁止だな。
133 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:39:43.54 ID:RWatf8iE
薬の力で、自殺しようとする気力が戻ってきたってことか。
もういっそのこと、精神疾患の治療はあきらめて、安楽死を
導入すべきじゃないの?
148 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:58:42.57 ID:v/VI9rRh
>>133
治りかけに多いとは聞くね。
薬の作用・副作用もあるだろうけど、「治ったわけだが、これからどうするんだっけ」と考え出すせいもあると思ってる。
社会復帰へのリハビリまで指導してくれる医者は少ないから。
135 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:42:55.57 ID:dzDg4/f+
薬に興味があって鬱の人から一回分もらって
飲んでみたら景色がぐるぐる回って


熟睡しました。
137 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:44:27.25 ID:cqrHwVpe
鬱なんて誰にでもあるのにクスリで無理矢理押さえ込もうとする事自体が自殺行為
140 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:47:59.65 ID:8C4+SOpN
【使用上の注意改訂】
SSRI・SNRIによる自殺企図のリスク
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/drug/update/200604/500857.html

今年1月、うつ病治療の中心的な薬剤であるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と
SNRI (セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)の添付文書が改訂された。
具体的には、SSRIの塩酸パロキセチン(商品名:パキシル、写真)で、18 歳未満の患者
(小児患者)への使用に関する制限が撤廃されるとともに、
すべてのSSRIおよびSNRIの添付文書に自殺企図のリスク増加に関する注意書きが追加された。
これらは、臨床試験結果に基づく欧米規制当局の対応に、
わが国の厚生労働省が歩調を合わせたものである。

 パロキセチンは、これまで「18歳未満の患者(大うつ病性障害患者)」が禁忌とされていた。
これは、海外での小児・青年期を対象とする同剤の臨床試験で、
18歳未満の患者(大うつ性障害)に有用性が確認されず、
また、自殺に関するリスクの増加を示唆する報告があったためである。
パロキセチンは、国内では2000年から発売されているが、
上記臨床試験の結果を受けて英国で「禁忌」の措置が採られたことから、
日本でも2003年8月から、これら患者への投与が禁忌となっていた。

 しかしその後、欧米の規制当局が、パロキセチン以外の抗うつ薬全般についても
同様な臨床試験を行ったところ、「大うつ病性障害及び他の精神疾患を有する小児等の患者」に
対しては、すべての抗うつ薬において、

投与により自殺念慮及び自殺企図のリスクが高まることが明らかになった。

しかしその一方で、抗うつ薬による恩恵を受けている患者も少なくないことから、
米国では、これら小児患者を抗うつ薬の投与禁忌対象にはしないことを決定した。
さらに2005年4月には、英国も先述の禁忌措置を見直すに至った。

 こうした動きを受け、日本は2006年1月、厚生労働省の諮問機関(薬事・食品衛生審議会
医薬品等安全対策部会 安全対策調査会)が、下記の理由(表1)により、
パロキセチンの「禁忌」項目を削除することを答申。パロキセチンの添付文書が改訂されることになった。
141 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:50:11.40 ID:lrNeoXAp
インフルエンザの「タミフル」と異常行動、突然死、自殺の因果関係は明らかになったの?
因果関係無かったとしてもそんな怪しいもの飲みたく無いねえ
169 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:39:05.44 ID:5b7HAS3i
>>141
なかったわ
薬飲まなくても同じこと起きていたわ
142 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:50:28.13 ID:MQELt+Sw
さっき、ためしてガッテンで、不眠、めまい、耳鳴りの治療に
抗てんかん薬と抗うつ薬が効くとかやってたよ
143 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:52:34.93 ID:8C4+SOpN
副作用としての自殺!
〔D.ヒーリー,田島治監修「抗うつ薬の功罪」、みすず書房、2005年〕より
http://www.akanekai.jp/jisatu.htm


144 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:54:31.12 ID:8C4+SOpN
Google先生に「SSRI」「自殺」このキーワードで聞いてみましょう
147 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 01:57:45.67 ID:oWEDjtft
>>262
飽食だからスルーしとけ
149 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:02:13.43 ID:MeZl4wb/
俺、パニック障害だけどパキシル飲むの辞めたら調子良くなった

飲んでる時はほとんど寝たきりだった

もう自然治癒に任せるわ…
151 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:11:03.59 ID:kNvze+rs
高度成長期だったら寝たきり老人になるところを殺してしまう高度先端医療
153 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:17:22.82 ID:v/VI9rRh
精神科で処方される薬にできることなど、時間稼ぎ程度のもんだからな。
病根たる背景環境(捉え方含む)が改善されないなら、あまり意味はない。
155 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:22:17.43 ID:7wyFrLJb
薬の全てに作用と副作用がある
酸素にだって作用と副作用がある
酸素には重大な副作用である酸化がある
だから酸素を吸うのを止めよう

これが薬を否定しているお前らの理屈
156 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:22:49.85 ID:Q1kmPGX/
あまりにも治らないから周りの進めで医者を変えてみる。
そこで今までどんな薬をどの位処方されていたのか説明。
それを聞いた医者は、
「ありえない、この量は薬物中毒になっている。
治す意図とはあきらかに別の意図がある」
と言った。
通わすだけ通わせて、最後は自殺の道へ。
証拠の残らない恐ろしいビジネスです。
実際こういう医者が居る。
157 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:24:04.42 ID:kSz9IeW3
病院通ってる内に本格的にうつになっちゃう人もいるよな多分
161 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:29:49.47 ID:0JuOKItx
>>157
確実にいます。
自分はうつ病かもと思ってしまった時点からうつ病が始まる。
あとは負のスパイラル、悪循環で抜け出せなくなる。
結局うつ病なんてのも銀行の信用不安と同じで、潰れるかもと思った時点で終わりの始まりなんだよね。
159 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:28:32.89 ID:uvC45u0G
脳内の活動を薬で制御しようとして失敗したのか
チラッとレス読むだけでも脳を薬で制御しようと言うのは難しそうな感じだな

脳内の活動を完全にモニタリングできないけど、行動の観察で決定して薬使うからうまくいかないのかね
160 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:28:34.81 ID:QpZEX+Uv
あほーじゃねえか。薬飲んで、休まなきゃ意味ないだろ。
極端なこと言えば薬がなくても休めば治る、仕事なんぞ放り出せ。
163 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:31:20.70 ID:2z+CzK1V
医師は良くあんな副作用の強い毒を処方するな。
うつじゃないのに「パキシル」と「アナフラニール」を処方しやがって。
どっちも救急車を呼ぶ一歩手前まで行った。拷問のような苦しさだった。
166 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:35:14.77 ID:v/VI9rRh
>>163
アナフラニールはうつ病患者への処方すらためらわれるレベル。
164 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:32:46.88 ID:qQ+Ag/9Z
以前SSRIを処方されていたことがあったが余り症状が変わらんので途中でやめた
半年くらいのみ続けたろうか
その後いままで普通に出来ていた仕事が徐々に分からなくなってきた
性格も以前の自分とずいぶん変わった気がする
なんでだろうなクスリのせいじゃないと思いたいが
165 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:35:06.11 ID:kNvze+rs

東大法学部は、合法的に人間を殺せる

医学部では無い

しかし、医者が殺そうとするとこうなる典型

167 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:38:00.22 ID:uvC45u0G
そもそも脳を人為的に完全にコントロールできるなら、なんでも可能な気がして怖いな
168 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:38:25.93 ID:5b7HAS3i
■「1998年以降抗うつ薬の売り上げ増加と自殺者激増が一致」と言う人がいるが…
 どこが一致しているのやら理解不能。もし一致しているのならば、うつ病患者は3年で20万人ずつ増え、抗うつ薬の売上も一貫して増加しているたから、
現在の「うつ病→自殺者」数はさらに増えていなければいけない計算になるが、
実際の自殺者数は、1997(平成9)→1998(平成10)年に激増した以外は、「約3万人±数千人」という『非常に狭いレンジで推移している』。
 しかも、『1998年の自殺者数は、年齢・職業別で偏った増加はなく、全てで30〜50%の増加』。
 つまり、抗うつ薬が原因ではない。
◆抗うつ薬の売上
 ▽1998年…173億円 ▽2006年…875億円
◆うつ病が大半を占める気分障害患者数[厚生労働省]
 ▽1999年…44万1000人 ▽2002年…71万1000人 ▽2005年…92万4000人 ▽2008年…100万人
◆自殺者数[警察庁業務統計]
 ▽1996年…2万3104人 ▽1997年…2万4391人 ▽1998年…3万2863人 ▽1999年…3万3048人 ▽2000年…3万1957人
 ▽2001年…3万1042人 ▽2002年…3万2143人 ▽2003年…34427 ▽2004年…3万2325人 ▽2005年…3万2552人
 ▽2006年…3万2155人 ▽2007年…3万3093人 ▽2008年…3万2249人 ▽2009年…3万2845人 ▽2010年…3万1690人
◆図録▽職業別自殺者数 http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/2740-2.html
■自殺者を減らす方法
 「自殺対策強化月間」の翌月は、自殺者が激減している。
 「仮面ライダーオーズ」のラストで、主人公の日野が助けを求めて手を伸ばし、仲間も手を伸ばしたように、自治体がたらい回しにせず、きちんと手を差しのべてあげること。
179 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 03:37:15.26 ID:6jb2pn2e
>>168
バカ、年間3万×14年ということはメチャ増えているということだ。
死んだ人が生き返って何度も死ぬということはない。
一昔前までうつ病100万人と言われていたが、そのうち
半数近くが既に死んでしまった。
横ばいというなら1万数千人位になっているはず。
185 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 04:04:10.13 ID:5b7HAS3i
>>179
バカはあなたでしょ
うつ病は自殺原因の精神疾患のうち、3〜4割
170 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:42:03.47 ID:ZJTI/4Z0
食糧問題とか大変だから自殺で人口が減るくらいがちょうどいいよ
171 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 02:52:54.43 ID:EG/PNNGZ
えーっと、服用すると喜怒哀楽の変化が無くなり
感情の起伏が平坦になるんだよね
あと容量間違えると体が勝手に動いちゃうとか
173 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 03:03:36.14 ID:5b7HAS3i
■1998年の自殺者の急激な増加の理由は、「団塊の世代が自殺好発年齢(50〜70歳)になった」 +「1997年の金融不況」
 そして、生産年齢人口の減少と相まって、内需は縮小へ。
▼1998年の50歳代男子の死亡数は5967名と、1997年から一気に54%も増加。40歳代男子では4033名、60歳代男子では4018名と、それぞれ前年比で33%、49%増加。
▼自殺のピークは50〜70歳。1998年は、団塊の世代(1947〜49年生)が、この年齢域に足を踏み入れ始めた。
 自殺による死亡率が今までと同じであれば、必然的に自殺の実数は大幅に増加する。これが、自殺数増加の大きな原因の一つ。
▼自殺対策強化月間や景気対策などで、自殺数を20〜30%程度削減することができるかもしれないが、
団塊の世代(とポスト団塊の世代)が自殺好発年齢域(50〜70歳)を通過し終わるまで、大幅に自殺者を減少させることは困難だろう。
■参考
◆日本における自殺の精密分析(自殺 分析 日本):(東京都健康安全研究センター) http://www.tokyo-eiken.go.jp/SAGE/SAGE99/sage.html
◆年齢別自殺率の推移 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/images/2760.gif
◆年齢別自殺率日米比較 http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/2760.html
◆自殺率の国際比較 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2770.html
 自殺の少ない国は…
◆国別 http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/images/2770.gif
 自殺の少ない都道府県は…
◆都道府県別 http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/images/7340.gif
◆都道府県別にみた自殺 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/suicide04/7.html
175 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 03:23:19.87 ID:2D+YgUES
藪医者に当たると自殺するハメになるって事か
医者選びが大事だが、それが難しいって事か
177 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 03:34:07.98 ID:6jb2pn2e
抗うつ剤でウツが悪化するのは当たり前。何を今さら

当初は楽になったり症状を抑えることもあるが、良くなるのとは違う。
神経の働きをねじ曲げて、悪くしているだけ。
178 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 03:35:27.96 ID:evI3ObZZ
「不景気」「ストレス社会」
やがて健一さんは  >>心労と過労<<  が募って吐き気を催すようになり、めまいや耳鳴りがひどく
勤務できない日もたびたび生じた。

答えいっぱい書いてあるじゃん
98年っていったらバブル完全崩壊後だし
正社員減って責任重くなってるし

医者の責任(カウンセリング不足)もあるけど原因は社会環境だろ
180 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 03:46:25.92 ID:8+FNfSN+
やぶ医者を狩って殺そうぜ!

究極の恐怖と苦しみを教えてやろう

181 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 03:49:46.72 ID:evI3ObZZ
ちなみに一番うつになりにくくて、休みも多いのは銀行員。

妹夫婦は両方銀行員で、8月に夫婦で1週間の休みとった。
さらに旦那は、3連休2回あった翌週の昨日また休んだ。
これで2人合わせて年収1600万だから、いやになる
182 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 03:55:15.93 ID:kNvze+rs
>>181
元ノンバンクですが、なんの洒落ですか?



議事録を調べるとわかるけど、1998年から2000年にかけて
現在は終わったデジタル放送の試験放送や法令化の準備が始まって居ます
テレビが生き残りをかけた暴走を始めた年です

結果は散々たるものでした、多くの日本人が死に、GDPは低下し、自民党はほぼ消滅

あの当時、テレビ関係者は嘘を堂々と言ってハジともせず、まだ同じことやってます、まずあの連中みんな殺したほうがいいですよ


184 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 04:03:51.53 ID:evI3ObZZ
>>182
意味がわからない
妹夫婦の現実を書いただけなんだが
二人は全然別の銀行勤務
もちろん、ストレスはあるだろうしのし上がるまで努力しているのは事実

そして、銀行員が一番休めるというソースはこの板でニュースになったスレッド

実際、SNSなんかで話してると休日出勤など多いのは銀行員意外ばかり。
186 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 04:07:07.31 ID:kNvze+rs
>>184
サービス業態は、製造業と違って休暇は好き勝手に取れるだけですよ?
だって機械作ってるわけじゃないし、日本の銀行は機会さえ作れないけどね
ノンバンクはアンサー作ってますが
193 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 04:20:22.94 ID:evI3ObZZ
>>186
>サービス業態は、製造業と違って休暇は好き勝手に取れるだけですよ
それは少なくとも、妹夫婦の勤める銀行においては違う
申請は2ヶ月以上前にとらないと勤務評価に響く
だから風邪程度では休まない。
197 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 04:46:38.29 ID:P4m0gLFQ
>>181
銀行員は鬱が多い部類の職種。
1週間の休みは”不正防止”のために金融庁からお達しがでてるから。
199 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 04:56:19.57 ID:tie7yYKJ
>>184
8月に一週間休みって、製造業もとらされるだろ。
183 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 04:03:12.28 ID:5SpF7OFH
丁度団塊のゴミが社会の要職につきだした時期と重なりますな
パワハラ、モラハラ、権力盾に不当な仕事、要求を押し付ける
キチガイ世代が横暴な事やっても誰も止めれない状態だったしな。
ルーピーや屑感が良い例だろうて。
突合が悪くなったら自分の都合が良いようにルール変えちゃうゲスだしな
あんなのが社会にゴロゴロいて、偉そうにしてたらそら精神病むのも出てくるっての
一般的な常識が通用しないからな。
188 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 04:08:43.18 ID:kNvze+rs
>>183

テレビのデジタル放送を決定したのは、自民党の大野よしのり

香川県の国賊


191 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 04:12:19.13 ID:kn1/pFHK
新型うつについては少しもふれてないのな。
新型のほうが多いのに。
192 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 04:13:43.04 ID:evI3ObZZ
多くの日本人が死に

とか幸せな環境にいることを忘れてて笑えてくる

24時間外にいてもまず、強盗に殺されない環境
最底辺ですら文字が読めて食事に困らない環境
スラム街のない国(外国のスラム見たことないでしょ、すごいよ)
老人たちが強盗に全滅させられない環境

どこをとっても日本以外は凶悪な環境

唯一ひどいのは労働環境
それでも失業者が暴徒化することもない
外国ならクーデター起きてもおかしくないのにね
そこは国民性か
194 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 04:34:41.56 ID:Nqqe2mIB
たばこを吸ってれば鬱にならないわけじゃないが医者に掛らんでも
いいぐらいの状態を保つことはできるよ。
196 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 04:43:12.44 ID:hvqhNIq4
自殺者増の原因は、大蔵省による公共事業削減と消費税増税。
198 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 04:53:59.03 ID:VOFL7Dh8
金出す奴の喜ぶことするだけの精神科医と
老人を延命させる医者が

この国の癌なんじゃね?
200 :名刺は切らしておりまして2011/09/29(木) 05:00:13.30 ID:uvC45u0G
日本は普通に働くだけで心を病むひとが大量に出るんだな
社会のあり方に欠陥があるとしか思えない