1 :ライトスタッフ◎φ ★2012/03/03(土) 14:59:19.83 ID:???
環境省は2月24日、東京都内で「国立・国定公園内における地熱開発にかかわる意見聴取」を行った。
自然環境の保全にかかわる団体の関係者のほか、日本秘湯を守る会などの温泉関係団体の代表らが
意見発表者として出席。「十分な議論がなされないまま開発が推進され、拙速すぎる」「開発側も
『分からない』と言っているような不確実な技術のまま開発を進めていいのか」などの反対意見が
相次いだ。

意見聴取には、同省の渡邉綱男・自然環境局長はじめ桂川裕樹・国立公園課長大庭一夫・自然環境
整備担当参事官らが出席。中央温泉研究所、日本秘湯を守る会、福島県旅館ホテル生活衛生同業組合
日本自然保護協会、世界自然保護基金ジャパン(WWF)、日本野鳥の会、猪苗代湖の自然を守る会の
各代表が意見を述べた。

このうち佐藤好億・日本秘湯を守る会会長は「地熱発電ポテンシャル量が地熱開発推進の資料として
挙げられているが、これはあくまでも推定に過ぎない」と指摘、「熱水や蒸気は天水由来の長い時間
かけて蓄積されたものであり、今生きている世代が使いきっていいというものではない。これからの
世代にもかかわる問題だ」と述べ、時間をかけた議論と国の長期的なエネルギー施策に基づく議論の
必要性を訴えた。

また菅野豊・福島県旅組理事長は1月19日に福島県知事に提出した、温泉事業者や地熱開発事業者らに
よる意見交換の場としての協議会の設置などを求める要望書を読み上げ、さらに「『安全だ』と言われ
続け設置された原子力発電所だが、福島はこの通りの状況だ。一方的に安全と言って開発を進めるのは
どうなのか。正確な情報の公開が必要だ」と訴えた。

このほか日本自然保護協会の辻村千尋氏は、地熱発電所内で、配管内のシリカスケールを外すために
恒常的に硫酸などが注入されているという情報が最近になって初めて出てきたことを紹介し、
「今になって知らない情報が出てきたことで、他にも環境に影響を与えるような事象についての情報が
開示されていないのではとの疑念を持たざるを得ない」と指摘。その上で、「合意形成のためには
『リスクの共有』が必要だ。開発側がまずはあらゆるリスクとその対策を示すべき」と強調した。

意見聴取後にあいさつした渡邉局長は「徹底したモニタリングと情報共有のあり方など、今日の内容を
踏まえてまとめる。実際に運用する都道府県が使いやすい内容にしていければ」と語った。

同省では、意見聴取を踏まえた上で、今月中に国立公園内での地熱開発にかかわる新たな通達を出す予定だ。

http://www.kankokeizai.com/backnumber/12/03_03/image/01.jpg

http://www.kankokeizai.com/backnumber/12/03_03/kanko_gyosei.html#02

◎最近の関連スレ
【エネルギー】環境省、国立公園内の地熱発電を一部認可へ--景観保護のため"公園外から斜めに掘る"のが条件 [02/14]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1329218558/

【電力】住友商事、インドネシアで大規模な地熱発電事業--600万人分の電力供給目指す [03/02]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1330650416/
12 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 15:09:52.71 ID:b7jfBOvK
>>1
ブサヨのプロ市民の皆さんよ
こういった人たちを暴力的手段を用いずに説得してくださいよ
16 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 15:15:17.58 ID:HgkQ+3a+
>>1
>このうち佐藤好億・日本秘湯を守る会会長は「地熱発電ポテンシャル量が地熱開発推進の資料として
>挙げられているが、これはあくまでも推定に過ぎない」と指摘、「熱水や蒸気は天水由来の長い時間
>かけて蓄積されたものであり、今生きている世代が使いきっていいというものではない。これからの
>世代にもかかわる問題だ」

そのくせ「原湯かけ流し」をありがたがるのはダブスタだと思う。
何故温泉マニアは、これだけ資源のリサイクルが叫ばれる中
天然資源の1つである地下水を大量に浪費するのか。
21 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 15:24:56.82 ID:b7jfBOvK
まあ、見ものだねww
自然エネルギー派も環境庁に任せずに
自分たちで事業計画をたてて、>>1の人たちを暴力的手段を
用いずに説得して、是非とも事業を成り立たせてもらいたいものだねww
国や環境庁は原発派の手先なんだろうww
いつまで経っても話は前に進まないぜww
40 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 16:14:43.00 ID:DBOKPrIx
>>1
一気にどうこうと言うよりも、

試験的に1ヶ所でモデル開発してみろよ。
放射能被害で人の居なくなった福島当たりで試してみるのがイイのじゃないのか?
88 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 03:13:02.91 ID:uZMrfoNa
>>1
>「熱水や蒸気は天水由来の長い時間かけて蓄積されたものであり、
熱水を取り出さない発電法があるでしょ。
情報を公開して、環境への影響を見ながら推進していけばいい。
91 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 03:27:51.51 ID:nymZNJAk
>>88
高温岩体はまだ研究レベルだから
3 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 15:02:59.28 ID:2nPfki6v
3・11後の国家存亡エネルギー危機
こんな連中の利権を守るために代替エネルギーが封じられてしまっていいのか!
4 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 15:03:13.43 ID:0JZTnw8V
温泉ハンティングで250湯以上、いわゆる秘湯に行ったが、国の安産な発展のためなら温泉などどうでもよい。
7 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 15:06:00.71 ID:2nPfki6v
こいつらの利権のせいで地熱発電直下堀ではなく採算が合わないナナメ堀しか認められなかった
今度はその採算が合わないナナメ堀さえ妨害しようとしている。
9 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 15:07:18.77 ID:u0Agp6jc
中曽根が次の総理に選んだ竹下が地方交付金したん
そのカネは温泉施設等のレジャー施設に使われた
地熱発電は絶望的になったんだ
11 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 15:09:18.60 ID:pcNzjgTq
なんでお前らの趣味のために国益を害されなきゃならんのよ。
13 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 15:12:41.77 ID:i4eCfOqn
地熱発電の推進は温泉事業者にとってもメリットが多いんだけどな。
自家発電に熱交換による暖房コストの削減、湯の有効利用など。

地熱発電は地下の深度が温泉と全く違うし
湯を地下に戻している。
そういう意味においては湯を捨て続けている温泉よりもエコロジーとも言える。
もうちょっとしっかりと学んでほしいものだ
17 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 15:16:52.60 ID:lUxKZbul
地熱発電でまかなえる電力ってその辺の温泉街の分くらいだろ

温泉無くなったら何の意味もないじゃん
19 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 15:22:19.04 ID:/5U9CDDD
自分が持っている温泉利権だけを拒否するのは構わないが、
他人の土地にある温泉もダメはないだろ。
なんの権利があって言っているんだろう。
電力企業が裏でなにかやっている臭いけどね。
20 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 15:23:23.54 ID:e9LlTOOr
風力はダメ(いろいろやって台風がくる日本じゃどうやっても無理というのが判明)
地熱もダメ
原子力も反対
残るはメガソーラーしかない
67 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 18:26:30.53 ID:e5EhHt3M
>>20
震災瓦礫を燃やすバイオマス発電は?
22 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 15:27:22.86 ID:J8Cxo8IS
自然エネルギー推進共産党地熱エネルギー開発に反対したりしないだろうな。
24 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 15:33:43.53 ID:VQEbQkh6
脳みそが腐りきっていて明らかに背後関係が怪しい黒い温泉利権マフィア
26 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 15:36:49.01 ID:i4eCfOqn
温泉業者と地熱業者が対立する理由がわからないな。
海外じゃ地熱発電所は発電以外に出る熱水供給等で
仲良くやってるんだけどな。

普通に考えればWIN-WINなのだが
42 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 16:22:45.24 ID:448KR/TX
>>26
日本人は温泉に質を求めるから。
外国の熱水供給は日本のゴミ処理場の廃熱利用と同じで
仲良くというよりは存在自体がおまけ
65 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 18:13:33.56 ID:xQY5up7Z
>>26
実際問題として、松川温泉とか既に地熱発電所があるところは地元の温泉と仲良くやってるんだけどね。
27 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 15:40:56.96 ID:hpjbMjOF
先ずは果敢に開発する事。
入り口論でやいのやいのやってても自然エネルギー利用は増えない。
28 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 15:42:10.16 ID:r6Rk1coN
通常の地熱発電するには150℃以上の蒸気を売る必要があり地下1500m〜3000mぐらいの井戸を掘らねばならない。
温泉とは取り出している地下水の深度が1000m以上異なる、まったく別の層。
それに地熱発電は取り出した蒸気は還元井で戻す。温泉のように地下水を使い捨てるわけではない。
92 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 03:31:01.71 ID:4VtDix4d
>>28
それなら地盤沈下の心配もないし、
層が違うなら温泉が枯れる危険性も無いね。

無知で反対してる連中もいるだろうな、
あとは怪しげな団体にお金を貰ってる連中か。
94 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 03:40:52.30 ID:nymZNJAk
>>92
ただ実際は深さが温泉と丸被りだけどな


そもそも>>28の言うとおりコスト度外視で1500〜3000も掘るつもりなら
関東平野の真ん中を掘っても熱水が出る
30 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 15:45:27.51 ID:ic85plDb
原発稼働すれば問題なし
地熱推進派の妄想は原発反対派の妄想と同じwww
つまり文系のバカwwwwwww
客観的な状況判断が出来ないw
リスクを比較できないww
自分が無知でバカであることを疑わないw
すぐに誰かに利用され操られるwwwww
自分の思いどうりにいかないと感情的でヒステリックになるw
性格がさもしくて卑しいww
あと何だっけ?
31 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 15:45:47.12 ID:at8rxrYW
    
顕正新聞 平成24年2月5日号「原発全廃特集号

原発は日本を滅ぼす、即時全廃せよ
人のDNAを破壊、国土を居住不能にする
代替は天然ガス・コンバインドサイクルで十分
惨禍もたらすを知って推進するは犯罪

ttp://d.hatena.ne.jp/kensho01/20120208/1328718592
34 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 15:49:15.83 ID:s4vUrldf
>>31

流石、あの創価学会ですら恐れるカルト宗教団体
言うことが違う
36 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 16:06:41.61 ID:aTwsB/v7
別に秘湯全部潰せとかにはならないし、核のゴミ出し続けるより自然にやさしいだろになぁ
太陽や風より断然安定してるし自前でまかなえるんだから大いに利用すべき
地熱バイナリー発電なら100℃以下でも発電できるし、最初に発電に使って温度下がった適度な温度のお湯も温泉に回せるだろ
ま、原発使わない方向でいくなら必須だし原発また使い続けるならその必要もないけど
37 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 16:07:28.31 ID:J1yNGxwt

背後で原発利権屋が糸を引いてます
39 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 16:12:17.52 ID:b7jfBOvK
>>37
孫さんや三木谷さんに頼んで金を出してもらって
自分たちで地熱発電所の一つでも作ってもらおうじゃないかww
陰謀厨さんよww
正直普通の火力発電所を作るだけでも、プロ市民のお仲間が大気汚染とか言って
金をたかりに来るのだからなww
41 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 16:19:08.54 ID:wx1p0clr
1000年に一度の国難だぞ
温泉がどうのとか言ってる場合か
46 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 16:33:42.07 ID:DBOKPrIx
>>41
問題点は、この地熱開発が新たな国難を呼ぶのではないかと危惧してることだよな。

地熱開発は、地殻の自然現象が今だ解明されていない現状で(地震の予知さえできない)、
余りにも不確定要素が多過ぎるのでは。

地熱発電が完成しサア始動って当日に、突然、地盤崩壊が起きることも有り得る。
その時の開発責任者の言い訳は、今からでも予想できるだろう(↓)。

 「このような、地盤崩壊は数百年に1度のことですので、予測は難しかった」
43 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 16:25:11.22 ID:/zuM2i7T
実際のとこ環境負荷エネルギーから得られる生産力以上のコストがかかっても
中国朝鮮に撃つ爆弾にならなけりゃOKがグリーンエネルギー推進派だろ
地熱で配管内に何を流すかさえ説明できないわけだ
44 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 16:29:24.32 ID:UnZL9vce
日本の地熱は この人たちが心配する以上に豊富に
ある気がしてならないが 
45 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 16:33:30.71 ID:6K6DH6/u
>地熱発電所内で、配管内のシリカスケールを外すために
>恒常的に硫酸などが注入されている

玉川温泉とか蔵王温泉なんかpH1台の強酸性なんですけど…
47 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 16:38:04.71 ID:Lp264Qwr
日本秘湯を守る会みたいなカルトの意見なんて聞くだけ無駄
本気で守りたいなら源泉からポンプアップや加温する様な宿の営業も禁止しろ
48 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 16:45:38.44 ID:yPHqyFAp
生産井から蒸気と共に出てきた熱水は還元井で地下に還元されるのにな
温泉に向かない熱水の温度が低い地殻でもバイナリーで発電できる
52 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 16:58:32.79 ID:448KR/TX
>>48
温度が下がったら温泉にならないじゃん
49 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 16:54:21.13 ID:hClXHryx
原子力発電なら自然条件の制約を受けずに
かつ日本中どこでも大規模発電の夢の発電所だ!
50 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 16:55:52.91 ID:FHeYi5H0
日本人は「利己主義」になったものだ。自分が良ければそれでいいのか!

51 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 16:58:13.76 ID:dX4G/qJE
地熱いいじゃない。唯一の資源なんだから、どんどんやろうよ。
54 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 17:06:07.57 ID:nlU6i68F
温泉とかいったって水やお湯足して
調整してるのに秘湯を守るとか笑わせるよな
55 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 17:07:04.04 ID:yf1JeEJ0
ショボイ温泉より電気が大事
温泉が枯れ用が温泉街が絶滅しようがそんな事気にするな
56 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 17:15:23.28 ID:5EtNgdys
秘湯を守る会は電力会社や重電メーカーから金をもらっているのですね。
57 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 17:16:15.47 ID:8ekePXoU
地熱発電の冷却で源泉を暖めたら良いんだよ。
元々地熱だから、準天然の温泉になる。
59 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 17:39:14.08 ID:448KR/TX
>>55
ショボイ温泉からはショボイ電気しか得られない
それが問題だな

>>57
地熱発電=地下を冷やすこと
なんだけど
60 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 17:59:58.38 ID:8ekePXoU
>>59
冷やしても暖めれば同じことといいたかった。
地下の高温の全てが源泉に供給されているとは考えにくいから、発電後の廃熱でも十分でしょ。
1万kWhの発電における廃熱で、秘湯の湯量分の熱量くらい十分に賄える希ガス
62 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 18:07:24.31 ID:yf1JeEJ0
>>59
ショボい温泉街埋め立てて発電所作ろうって話じゃないんだがw
熱源から遠く離れててオメーら関係ねーだろなんていう連中が猛反対
例え本当に影響があって温泉が枯れ用と発電所作るべし
68 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 18:27:45.33 ID:448KR/TX
>>60
地熱発電のような)熱機関を用いた発電ってのはね、
高温の環境から低温の環境に熱が移動するときにその流れを電気に変換するものなんだ。
「地下を暖め直す」は不可能なんだよ。それやったら発電にならない。
地上にくみ上げて発電に使った後の温いお湯をそのまま地上で入浴に供するのが正解。

「熱湯と冷水を混ぜてちょうどいい温度を作ることはでき、
 その過程を利用して発電することもできるが、
 ちょうどいい温度のお湯を熱湯と冷水に分離することは
 (電気を食ってヒートポンプまわさない限りは)できない」
この原理は覚えておこう。
98 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 06:43:48.98 ID:G831tgnS
>>68
よく分からんwww。
言いたかったのは、源泉の”お湯”を温めるということ。
通常水蒸気を用いた発電をする場合、熱源の温度は100度を超える。
そして発電した後に、復水する際に冷却する必要がある。
その際の水の温度は50度以上あるでしょ。
地熱発電に用いたお湯は、源泉よりも震度が深く水質が異なる可能性が高いし、砒素などの有害物質が多い可能性がある。
地盤にクラックを発生させて水媒体を浸透させる方式は特にね。
100 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 11:55:35.94 ID:gA0aklvH
>>98
50度以上冷めてるんですが……
61 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 18:03:50.65 ID:ILUNfDIv
どっかでトライアルしなきゃ技術も蓄積できないし、本当にどうなるかわからんじゃないか。
63 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 18:07:37.27 ID:5QxRfZSJ
ひとうの会なんて特定周波数に居座る電波行政の癌とおなじだね

反対するなら対案をだせ だせ だっせー
64 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 18:13:28.95 ID:9NywHdoI
まあここは原発利権と罵る皆さんが温泉利権を成敗しに行けばよいのでしょう。
76 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 19:25:19.68 ID:xQY5up7Z
>>64
温泉利権とか軽々しく言うなよ。
彼らからすれば、温泉がなくなったら生活基盤を失うんだからさ。

・・・もっとも、例え元の温泉が枯れても発電所にお湯があるということを
彼らが忘れている点も否定できないがw
80 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 19:38:34.79 ID:dXe66/pC
>>76
湯布院とかも環境の事を考えて
地熱発電を増やして、それをアピールして客を呼んでいる。
温泉利権を主張するのは電力企業から金が入るからだろ。
そうじゃないと地熱をやりたいという温泉街にまでいちゃもんをつけないね。
82 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 19:44:39.58 ID:448KR/TX
>>80
日本の地熱発電所って電力会社がやってるんだが……
電源開発みたいに原発持ってるところが同時に地熱の旗振り役で
作らせろって温泉街に頼みこんでるんだぜ
93 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 03:33:14.07 ID:4VtDix4d
>>76
上手いことやれば発電に使ったお湯を温泉に引っ張ってきて、
二次仕様なんてこともできそうだけどな。
66 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 18:23:57.83 ID:4N5dXqRV
深度岩盤を利用すれば温泉なんて無問題。全国で
やるべき!世界3位の資源国化!
69 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 18:28:00.43 ID:qoVIfzAW
我々が10年以内に月に行こうなどと決めたのは、それが簡単だからではありません。
「困難だからこそ」挑戦するのです。

この目標が、我々のもつ行動力や技術の最善といえるものを結集し、それが
どれほどのものかを知るのに役立つこととなるからです。

その挑戦こそ、我々が受けて立つことを望み、先延ばしすることを望まないものだからです。
そして、これこそが、我々が勝ち取ろうと志すものであり、我々以外にとってもそうだからです。

ジョン・F・ケネディ
72 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 18:39:28.22 ID:9NywHdoI
>>69
苦境に立たされる原発業界への熱いエールですね。ありがとうございます。
70 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 18:30:17.04 ID:o6xSjHWM
『殺人事件の舞台になったりする秘湯なんか要らぬ会』を設立しよう。
71 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 18:35:51.16 ID:o6xSjHWM
国立公園ガー温泉ガー、と言ってるせいで、地熱で日本はフィリピンにも
遅れを取っている。
74 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 18:43:37.76 ID:448KR/TX
>>71
特段火力に勝る利点が見いだせないってのが現況だと思うが
本当に夢のエネルギー源なら電力会社と財界が食いついてるよ
そして金で温泉街を黙らせてると思うわ。
79 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 19:30:37.13 ID:ZMcIVO/8
だからさ、国立公園とか国定公園で温泉地じゃないとこから開発しろよ。
前みたいに陥没事故が起きるからw
温泉地でやらかしたら死者ゴロゴロだぞ
81 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 19:43:38.96 ID:p5QM7XyT
唯一らしい人身事故

宮城の地熱発電所噴き出し事故 1人重傷1人不明
2010年10月18日
http://www.kirisima.org/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E3%81%AE%E4%BA%8B%E4%BE%8B/
83 :名刺は切らしておりまして2012/03/03(土) 19:50:09.27 ID:448KR/TX
三菱は国内は風力トップで、いわゆる“台風でも倒れない”タイプで頑張ってる
と同時に原発メーカーの一つでもある
またガスコンバインドも売りまくってる
東電は、洋上浮体風力では間違いなく世界トップの技術を持つ企業の一つ

「原発屋」という一つのカテゴリがあるとは言い難いのが日本の現状よ
90 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 03:20:46.68 ID:EcEPkvsT
>>83
東電に風車の開発能力がある訳ないだろw 奴らは高給を貰うだけの担当
あくまでも取引先が技術を持ってる
87 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 02:16:10.51 ID:ZHbCd+x8
自分に関係無い、影響がないものなら賛成し、反対派を人格攻撃
関係があったり、関係があると気付いたら必死に反対して賛成派を人格攻撃

痴的で愚鈍なジャップはだいたいこんな感じ。
95 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 03:46:08.85 ID:nymZNJAk
それから排水二次利用も最悪だな

蒸気を還元したお湯なんてただの蒸留水
温泉偽装にもほどがあるわ
96 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 04:03:47.51 ID:uZMrfoNa
>>94
原発より高いの?生涯コストで。

>>95
お風呂と言うことでいいじゃない。
凝縮した蒸気を使うよりするより熱交換器で暖めた水を使ってほしい。
97 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 04:06:25.78 ID:WB12vy7q
地熱発電反対運動に原発マネー

っていうことがあったり
99 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 09:37:29.23 ID:/8le4xwy
温泉は地下水が沸騰していれば良い。
無いとは思うが、湯量が減ったり湯の温度が下がった場合は発電所から無料で湯を貰う契約にすればいい。

環境は人にとってペットみたいなもの。
本来変化していく物を変化させないよう人に必要な施設を作らせないのは変。
環境に影響を与えにくく施設を作ればいいでしょ。
車は電気自動車のみ使用可とか、殺虫剤使用禁止とかゴミの持ち帰りを徹底など。
101 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 12:49:00.09 ID:ooyxpOpT
俺はMHIの社員だけど、有名なもので一つ
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110713/erp11071312350009-n1.htm

はっきり言って地熱発電の最大の敵は腐食なんだけど、
日本勢は日本で地熱発電をほとんどやってない割にその辺の技術的ノウハウは凄いよ。

日本は地熱発電に適した土地が沢山あるんだけれど、
問題はほとんど国立公園とかの中が建設に適した場所だったりするのでなかなか開発できない。

後、この分野では富士電機が本当につよい。。強敵です。
103 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 13:52:20.47 ID:QRjEiXn5
>>101
三菱はいいんだけど、東芝がなぁ。
技術で三菱日立に負けるからって原発に賭けてる。
102 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 12:53:33.39 ID:ooyxpOpT
あと、
「開発側も『分からない』と言っているような不確実な技術のまま開発を進めていいのか」
だれがいったんだコラ。
日本勢だけで世界シェア7割を持つ技術とノウハウをもっとるもんだぞ。
104 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 13:59:31.83 ID:8s8XpBji
環境リスクをクリアーする為に
温泉地では温泉熱発電の運用がはじまっていることは、書かないのね
105 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 14:29:20.51 ID:3Vc2p2kp
地熱発電って蒸気でタービン回すんだっけ?
源泉が十分沸騰してるんだったら、排出して宿に供給される頃には
ちょうどいい湯加減になってるんじゃない?
もし、供給時の温度が低いんだったら、夜間電力と蓄熱式温水器をタダで供与するとか。
106 :地熱発電について2012/03/04(日) 20:02:37.31 ID:RITlDLcj
地熱発電所は1500mから2000mもの温泉井戸を掘り、それぞれの井戸が莫大な温泉を消費します。
還元井戸に戻すとしながらも地下深部のことは予測が困難でありマグマ地下水の動向は解明されていません。
従って万一温泉枯渇が起こった場合でも原因の立証ができない訳ですが、
世界中でまた全国各地で温泉への影響があったことが報告されています。

地熱発電所はほんとうにクリーンエネルギーで地球にやさしい発電所でしょうか。
広大な森林を伐採して道路をつくり、設備をつくり、
そして1500mや2000mという大きな生産井戸を何本も掘削し1日何万トンもの温泉蒸気を取り出します。
戻す井戸を還元井といいますが、この莫大な温泉水を地下に送り込むことによって地震や地滑りに影響が出ているという報告もあります。

実際に秋田、大分では温泉の湧出量減少・泉温低下が実際に報告されていますし、
海外では温泉、森林の壊滅も報告されています。
また、はっきり言って地熱発電は資源の枯渇があり得ます。
地球上の水自体は無限に近いですが、1000mもの深さにある熱を帯びた熱湯は無限ではありません。
マグマ発電のように水をくみ上げないなら良いのですが・・・
120 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 01:49:23.64 ID:JvcEYhHV
>>106
>実際に秋田、大分では温泉の湧出量減少・泉温低下が実際に報告されていますし、
>海外では温泉、森林の壊滅も報告されています。
>また、はっきり言って地熱発電は資源の枯渇があり得ます。
>地球上の水自体は無限に近いですが、1000mもの深さにある熱を帯びた熱湯は無限ではありません。

地熱も原発同様、環境に優しいと言うわけではない。
地熱は当たり外れも大きい。また「資源の枯渇」も問題。
107 :地熱発電について2012/03/04(日) 20:06:01.17 ID:RITlDLcj
(『温泉』第50巻8月号P.24 昭和57年8月1日) から、海外の事例

イタリアラルデレロ地区は、世界で初めて地熱発電が行われたところですが、
幅15キロメートル長さ23キロメートルに及ぶ地域での温泉源のほとんどが、
80年にわたる地 熱開発の結果全滅して、僅か残っている温泉も泉温の低下、
ゆう出量の減少をきたしている事が学者により報告されています。
環境庁企画調整局の報告(昭和55年11月、「エネルギーと環境」海外事情調査報 告書)によれば、
アメリカでは世界の十指に数えられる間欠泉地熱探査ボーリング の時点で完全に止り、
地熱開発が行われた7地域のうち4つの地域に大きな影響があり、間欠泉枯渇があり、3つの地域の小さい地域間欠泉が停止しています。
ネバダ州の「ベオワワ・カイザー」では、世界的に著名であった問欠泉の停止が地熱調査のボーリングの直後に起きており、
同じネバダ州スティームボートスプリングで も世界的間欠泉と温泉の完全なる破壊が起きています。
又、ニュージーランドワィラケイ地熱発電所の周辺では、
自噴地域の完全なる破壊がおきて学術的に貴重であった間欠泉のすべてを失っています。
このように諸外国でも地熱発電事業の開発を行ったすべての地域に多大な影響が見られ温泉の完全停止、
間欠泉の大規模の破壊があったことを報告しています。
108 :地熱発電について2012/03/04(日) 20:08:09.23 ID:RITlDLcj
>>107 の続き、国内の事例(1)
昭和41年に岩手県松川温泉のすぐ近くに松川地熱発電所が日本ではじめて開かれて以来現在6カ所の地熱発電所が操業されていますが、
これらの地熱発電所の周辺の温泉源著しい異常現象が起きています。
秋田県鹿角市八幡平にある大沼地熱発電所の周辺の温泉では、昭和46年8月に発電の操業を開始してから、
次第に温泉、ゆう出量に異常が起り「トロコ温泉」では完全に自 噴が停止し、営業不能になっております。
赤川温泉」では54度あった泉温が次第に減 りはじめ、現在では34度で入浴することができなくなりました。
鹿角市が補助を500万円を出してボーリングして50度の温泉を地下200メートルの所からくみあげていますが、
従来酸性泉であったものが、アルカリ性の温泉に変ってしまいました。
「銭川温泉」では7つの温泉がありましたが、そのうちの4つの源泉の温度が著しく低 下し、
89度あった源泉が47度と実に42度の低下となってしまい、このうち2つの源泉が全く枯れてしまっています。
又ここは地熱が高く、有名な「おんどる療法」を行っていましたが毎年温度が低下しつづけて駄目になるのは時間の問題だとされてます。
又「澄川温泉」も秋田県衛生科学研究所の調査によると、昭和51年より泉温が低下し ゆう出量の減少が見られたと報告されています。
後生掛温泉」では有名な「泥地獄」が乾いたり噴気の移動が大規模にはじまって無気味な現象が起きてます。
大沼温泉」は地熱発電所開始の時点で枯渇現象が起きて、地熱発電所から熱水でわかした真湯を利用しています。
又「蒸ノ湯温泉」は地すべりが出て半壊してしまいました。 このように八幡平大沼地熱発電所の周辺では、
遠くはなれた「志張温泉」を除いたすべての温泉に異常が起っています。
岩手県松川地熱発電所周辺の温泉は2ケ所しかありませが「松川温泉」では泉温 の低下が起き、岩風呂は水位が1メートルも下っています。
同じく岩干県葛根田地熱発電所周辺では操業を開始したばかですが大きな地滑りが起っており学者間で問題にしていす。
宮城県にある鬼首地熱発電所周辺では、荒湯地獄の泥火山が大規模に乾いてしまって いますし、「宮沢温泉」では間欠泉が止ってしまっています。
110 :地熱発電について2012/03/04(日) 20:10:12.62 ID:RITlDLcj
>>107-108 の続き、国内の事例(2)
大分県九重町には、大岳地熱発電所八丁原地熱発電所の2つ発電所があり、九州電力が大規模な開発を行っています。
ここでも両地熱発電所にはさまれた「筋湯温泉」や「河原湯温泉」に異常が起っています。
筋湯温泉は27源泉あってその大部分に泉温の低下、ゆう出量の減少が見られています。
中でも「筑後屋源泉」は泉温が10度も下り、ゆう出量は毎分96リットルであったものが25リットルと4分の1になっています。
又「ひぜん湯」では4つあった源泉の3源泉が完全に枯渇。
川を隔てたところのある1つの源泉も、ゆう出量、泉湿に著しい異常が起きています。
又「河原湯」では2つの共同浴場のいずれもが、泉温69度あったものが57度と低下して冬期問は浴槽を4分の1小さくして利用しているという有様です。
ここは有名な地獄地帯ですが小松地獄大岳地獄泥地獄、小地獄とすべての地獄の噴気が弱まり地温が著しく低下し、
昔から湯田と称して地獄の温度で温めた湯を稲作に利用していたのですが、これもできなくなってしまいました。
今では地熱発電所から熱水の供給を受けてやっています。泥地獄、小地獄では高温の湧泉が全く水になってしまっています。
この九重町に、昭和50年4月21日にマグニチュード6.4という大地震が起きています。そして大きな被書が出ました。
地熱発電のせいかどうかわかりまが大岳地熱発電所開始以後に起きたものであることには間違いありません。
秋田県大沼地熱発電所周辺でも大沼地震を記録しています。このような地震の例は外国でも報告されています。
(『温泉』第50巻8月号P.24 昭和57年8月1日)
109 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 20:09:53.31 ID:haiF7vqJ
関東ガス田を採掘すれば良いじゃないか
東京の真下から出るガスで発電しろよ
111 :温泉熱発電について2012/03/04(日) 20:11:51.97 ID:RITlDLcj
「なんとか温泉と地熱の対立構造を崩す
突破口にしたい」。
産業技術総合研究所
村岡洋文・地熱資源研究グループ長(56)と
地熱技術開発」(本社・東京)は、既存の温泉に
影響を与えず設置できる小型の「温泉発電システム
開発。実用化に向けた準備を進めている。

浴用より高温の温泉が出る場合、
草津温泉のように成分を薄めずに
「いい湯加減」にする〈湯もみ〉が欠かせない。

温泉発電は、本来は捨てているこの熱を
発電に利用する。沸点が低いアンモニアを入れた
管を熱水の中に通し、沸騰させて
タービンを回す仕組みだ。

第1号機の設置候補地は、
長野県小谷(おたり)村。静岡県北海道など
複数の温泉地も導入に向け検討を始めた。
村岡さんの推定では、温泉発電が可能な温泉は
全国に1591か所。
未利用の熱だけで、
現在の地熱発電の発電量(約55万キロ・ワット)を
上回る72・3万キロ・ワットの発電ができる計算だ。

(2008年8月27日 読売新聞
112 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 20:14:06.76 ID:B4+czzSK
地熱発電しないで原発稼働したら、秘湯どころか日本全汚染だってこいつらわかってんのかね。
こういう馬鹿がいるから、原発が爆発したんじゃね?
113 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 20:23:56.05 ID:TaHtFz1o
原油温泉というのがあったとして、原油温泉が減ったりするかもしれないから
原油をエネルギーとして採掘してはいけないと言ってるようなものだな。
114 :日本の未来を俯瞰せよ2012/03/04(日) 20:34:31.71 ID:edTjNfJu
>『日本秘湯を守る会』などから反対意見続出

物事の重要性には優先順位が在る。
秘湯や公園云々よりも日本の将来のエネルギー問題の方が重要である。
地熱発電に最優先で取り組むべきである。
115 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 20:37:20.81 ID:haiF7vqJ
>>114
東京のど真ん中でガス田開発してそこで発電すれば問題無いじゃないか
116 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 20:47:05.78 ID:3cp31ZlT
>>114

まったくごもっともだと思うので率先して地元の説得に行って下さい。
え? お前もやれ? 原発推進派なので温泉地には行かず別の方面に行きます。悪しからず。
117 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 20:54:39.16 ID:haiF7vqJ
>>114
いやいや水脈が有れば噴火口でも出来るし噴火口でも水蒸気噴火が有るんだから出来る

そんなに富士山に作られて嫌なのかい?

お国の為にとそんなの良いんじゃ無いかと言ってたのでは無いのか?

富士山一つくらい犠牲にしても困らないでしょうと言う事
118 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 22:12:48.12 ID:/0OEfVwx
>>115
> 東京のど真ん中でガス田開発してそこで発電すれば問題無いじゃないか

それ、まず都庁の猪瀬に言ってやってくれよ。
なーに、都内の温泉てどれもこれも井戸水程度の温度の筈だからな。
上野駅だか東京駅だかのとこの地下水が熱ければ、それ汲み上げてスチーム発電出来たかも知れんが。ちっ。

ところで、温泉が国立公園にあるっていうが、土地は誰のものだよ、国有地じゃないのか?
国有地に民間人が入り込んで、営利営業してるんだったら、社会インフラのほうが優先されて
しかるべきだよな? 秘湯の会の連中の電気を止めてしまって電気の有難みでも分からせるかね?
119 :名刺は切らしておりまして2012/03/04(日) 23:30:22.43 ID:gA0aklvH
っつーか南関東ガス田の総埋蔵量でも東京のガスの消費5年分もないだろうとは言われてる
多いようで少ない
121 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 01:52:56.77 ID:CDN/yIOx
それでも原発の息の根を止めるためにやらないといかんからな

北海道とかの温泉のないところでとりあえずやってみりゃいいのに
122 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 01:53:04.58 ID:JvcEYhHV
北海道〜日本海油田はどう?
原油埋蔵量はサウジアラビアに匹敵すると言われているけど。
123 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 02:54:53.49 ID:cu9u/4Ug
温泉なんてどうでもいいだろ、日本の経済のが大事。
124 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 03:49:38.40 ID:JvcEYhHV
>>123
温泉はわが国にとって欠かすことのできない観光資源
温泉の枯渇、または湧出量減少・泉温低下観光産業にとって大打撃。
職の喪失、過疎化、山村の荒廃など地域経済、地域の衰退に直結する。
地震や地すべりの誘発など経済以外の問題も報告されている。

またラッキー博士のように年間積算被曝量1万msまでなら人体に好影響を与えるという説もあり、
放射能の影響についてはまだ確定してない。
125 :1996年より、大霧地熱発電所が稼働中2012/03/05(月) 04:00:34.79 ID:JvcEYhHV
感動的な湯けむりのあがる硫黄山は、今、えびの高原にはありません。
えびの高原山岳宗教の聖地でもあり、たくさんのお地蔵が祭られています。
賽の河原では、供養のために人々が石を積んだ跡がたくさんありました。
えびの高原は川湯や湯煙など自然に囲まれた景勝地で、霧島一番の観光名所でした。
かつて有名な露天風呂があり、年間30000人の湯治客観光客が入浴する人気スポットでしたが、
1997年頃から温泉が自噴しなくなり、やがて完全に枯渇して廃業しています。
また硫黄山周辺のあちこちから上がっていた噴煙もすっかり消え失せました。
127 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 04:32:47.06 ID:B9d+65zx
>>125

硫黄岳火山性ガスの噴出が止まったのは地熱発電とは関係ないだろ。
あの臭気や、温泉卵を茹でられるミニ温泉の自噴がなくなってしまったのは
寂しい限りだが。
128 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 04:35:37.75 ID:JvcEYhHV
.地熱発電の影響が発現した実例
地熱発電の実施においては,他の諸工業における公害問題と同様に,影響についての配慮を加えないまま事業化が先行した。
地熱発電が開始された初期の段階では,不用水をそのまま河川に放流した。
そのために近隣や下流域に砒素等による汚染をもたらし,魚が死滅するなどの被害をもたらした。
また,大気中に放出された水蒸気に伴って硫化水素が放散し,木々が枯れるという状況を作った。
途上国の中には,その後も状況が変わらず,今も被害に苦しんでいるところが多い。

不用水による被害対策として,今では,不用水を地下に還元する(戻す)ことが行われている。
これで見かけ上,河川の汚染は減少することになった。
しかし,その不用水の還元の影響は,因果関係をつかみにくいため,問題の発現を後送りし,不明確にしてしまった。
そういった状況の中で,具体的には地熱発電が行われているほとんどの地区において, 温泉が枯れるなどのなんらかの影響が表れているとされる。
その具体例を,精力的に調査を続けてきた中沢跳三氏の論文の一部より拾い上げる。
1)秋田県大沼地熱発電所付近の温泉:上トロコ温泉枯渇,他の温泉でも湧出量減少,泉温低下
2)大分県久重町大岳地熱発電所,八丁原発電所:25箇所の温泉・地獄すべての自然湧出の源泉に湧出量低下,泉温低下(うち,枯渇5)
3)秋田県澄川地熱発電所:周辺で大規模な土砂崩壊がおきて澄川温泉と赤川温泉が壊滅
 外国でも次のような例が報告されている。
1)イタリアのラルデレロ地熱発電所:周辺の温泉源のみならず,周辺の森林が壊滅
2)フィリピンのフィイ地熱発電所:水蒸気爆発で周辺の温泉が壊滅
3)米国ネバダ州の地熱発電所:調査井のボーリングで世界的に有名な間欠泉が噴湯停止
 これらはほんの一例である。
133 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 20:21:45.44 ID:stviNvlp
>>128
昔の話じゃないの?
今でもそういうことが起こっているの?
原因はわかってないの?
対策は取られてないの?
うまく行ってないものと、うまくいっているものの比は?
うまくやれそうなの、それとも打つ手なしなの?
158 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 22:32:53.92 ID:s0DcjxNJ
そういえば、八丈島には、地熱と風力の混合型発電所があるんだね。
地熱は
定格出力:3,300kW 営業運転開始:1999年3月
生産井:2本 深度 1,650mおよび960m(調査井より転用) 還元井:1本 深度 100m
硫化水素除去設備:水酸化マグネシウム吸収法

だそうだが。
しかし>>128が地熱に反対してるらしいが、実例をあげてるイタリアのラルデレロ地熱発電所って
稼働後百年経ってもまだ現役だそうだ。森林激減ていっても、ググる地図見る限りは、ふつうの山だけどねえ。
ttp://g.co/maps/edruw

ソースの小波盛佳とかいう工学博士は、粉流工学が専門だから門外漢だろ。
ごちゃごちゃとサイトで捏ね繰り回してるようだけど。
159 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 22:37:34.28 ID:LgrJ75eh
>>158
離島はもともとこういうもののテストサイトには向いてるんで
昔から結構作られてる
火力とか大型でないとコスト合わないからね。

>1の話で言うと
「一方的に安全と言って開発を進めるのは
 どうなのか。正確な情報の公開が必要だ」
ここが問題で、ぶっちゃけ地熱は掘ってみないと当たりか外れかは誰にもわからない。
地下の正確な情報は(今のところ)取れない。だから断言できない、というところはある。
掘ってみたら大丈夫でしたと言うことは多いが、
じゃあ駄目だったらどうするのかと言うことへのきちんとした説明は必要。
129 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 17:43:08.34 ID:xVVZ1fZZ
経済産業省が阿寒国立公園と大雪山国立公園内の道内2カ所を含め、全国の国立・
国定公園内10カ所程度を地熱発電の候補地として有望視していることが分かった。

環境省は月内に国立・国定公園内の地熱発電所の設置要件を緩和する通知を出す方針で、
経産省は2012年度から開発事業者の事前調査などを支援する。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/355332.html
130 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 17:45:04.10 ID:xVVZ1fZZ
環境省と経済産業省が国立・国定公園内の地熱発電の候補地として、福島、秋田の両県と
北海道の計6地区を検討していることがわかった。
資源量が最大の福島県では、東日本大震災復興の特別措置法も生かして早期の建設をめざす。
http://www.asahi.com/national/update/0305/TKY201203040506.html
131 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 19:25:44.55 ID:4w7jhzrb
日本は原発で滅んでも良い、半永久的にな。
バカでヘタレの国民どもは、自殺か奇形児でも生んでれば良い。
俺は散々税金たかりした後、その金と恩給で海外で贅沢な暮らしするつもりだからなw
132 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 19:30:17.57 ID:LgrJ75eh
>>131
マジレスすると
日本の人口密度が高すぎるから自然エネルギーでまかないきれない、という側面はあるよ。
自然エネルギーは大きく見れば面積一定だから
人口密度が高くなっても生産量増やせる訳じゃないし。
135 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 20:23:54.89 ID:xVVZ1fZZ
>>132
でも計算上自然エネだけで足りてしまうんだな。
136 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 20:30:21.72 ID:LgrJ75eh
>>135
・太陽光パネルがタダみたいな値段になったら
・マントルまで掘削するのがタダみたいな値段になったら
・日本中を覆い尽くす巨大タコがタダみたいな値段になったら
+蓄電がタダみたいな値段になったら

みたいな今やれと言われても厳しすぎる制約つきで、の話だよそれ。
まあ一番実現可能性が高いのは太陽光だと思うけど
137 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 20:41:08.66 ID:xVVZ1fZZ
>>136
今だってただみたいな値段で発電してるわけじゃないし。
138 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 20:55:54.29 ID:LgrJ75eh
>>137
化石燃料に比べるとごっついコストが高い
あと地熱はエネルギーペイバックできる範囲だと日本の電力需要をおおよそ賄えないのが現状かと
風力や潮力も場所が限られてる
これは流れのいいところにしか作れないという理屈で水力も同じ。
139 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 20:58:39.73 ID:xVVZ1fZZ
>>138
そんなことはない。ガソリンで車を走らせるよりかなり安い。
140 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 21:07:19.51 ID:LgrJ75eh
>>139
どの発電について言ってるか分からんが、帆船が復活しない理由を考えてみればいい
ちなみに燃料高以降の省エネブームで部分的な帆船の復活は何度か目論見られてる

例えば水力の話をすれば、
流量豊富な川にある滝ではかなり低コストに発電できる
しかしそうでなければコストは上がる
年がら年中強風が吹いている岬は風力に向いているが、
そうでない場所のほうがずっと多い
瀬戸と呼ばれる地形では潮流が利用できるが
大半の海域ではそうではない

安いコストで得られる自然エネルギーの量は実は限られている
本当に自然エネルギーが好きで勉強してるなら2日掛からず理解できることだよ
これが分からな人は自然エネルギーが嫌いなんだと思ってる
141 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 21:08:34.58 ID:kePG2Ink
>>138
横入りスマン。
お前、関係者だろ。>>131にレスしてるし。
しかも、無知の計算もできないバカだな。
バカは引っ込んでろ
142 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 21:24:07.27 ID:LgrJ75eh
>>141
事故前から自然エネルギーに関係していれば一言いいたくなるよ
自然エネルギーの利用は現実であって空想ではないのに、
事故後空想でエネルギーを語る人が大量流入してきているから……
144 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 21:41:33.30 ID:xVVZ1fZZ
>>140
船もそのうち燃料電池船になるよ。
風力発電で水素を製造するようになると思う。
145 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 21:47:24.67 ID:LgrJ75eh
>>144
別に将来安くなることは否定してませんがな
いま化石燃料より高いという意見を否定しただけで。
あと量的な確保が狙いなら風力より太陽光のほうが早く安くなると思うよ
149 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 21:56:20.37 ID:xVVZ1fZZ
>>145
化石燃料にもいろいろある。石油は自然エネより明らかに高いよ。
化石燃料は高くなるし、いつかは枯渇するし、日本の資源ではないから
外貨が必要になるし、将来は自然エネしかないと思うよ。
150 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 22:03:01.36 ID:LgrJ75eh
>>149
将来の話と今の話を意図的に混同するマネは不誠実ではないかと言ってるんだけど。

あと>>140の話も理解してほしいよ
石油より安く発電できる風車サイトは結構ある
でも石油を置き換えるにはそういうサイトは量的に少なすぎる
太陽光はこういう問題は回避できるし、
回避できるがゆえに風力FITを太陽光に流用して大失敗した。

も一つ、電気を化学反応に投入するときのコストが高い
これが安かったら蓄電の問題はとっくに解決してる
そうでないから蓄電池安くならないかなあとか言ってるわけで。
よって、燃料電池での利用は発電での置き換えよりかなり後になると思われる。
152 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 22:07:34.17 ID:xVVZ1fZZ
>>150
将来高くなるから今からやらないと間に合わないだろ。
風力に関しては安く発電できるところはたくさんある。少なくはない。
156 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 22:14:43.25 ID:LgrJ75eh
>>152
具体的に発電コストがいくらのとき、何kWの出力があるか答えてごらん。
環境省のポテンシャルマップにも掲載されてるから調べてみたらいいよ

あと「今からやらないと間に合わない」として、
安くなるよう開発を今からやることと、今から普及させることは全く別のこと。
ドイツとスペインはこれを混同して失敗したから混同しないように見直してる。
なぜ「自然エネルギー先進国」の事例に学ぼうとしないのか。
163 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 23:01:18.28 ID:xVVZ1fZZ
>>156
それは認識が間違ってるよ。失敗はしていない。
164 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 23:11:35.00 ID:LgrJ75eh
>>163
風力では風の強弱があるから強いところで確実にもうかる価格設定にしても
弱いところでは赤字になるしら自然に普及に歯止めがかかる

しかし太陽光で確実に儲かる値段設定にしたら、
歯止めが効かないから投機が相次いで
日本の国家予算規模なら10兆円相当の債務を国が負った
スペインはここから「確実にもうかる設定にして普及させようとしてもだめ、
儲かるか儲からないかギリギリのラインで、普及しないが安くする動機が働く値段に設定するべき」
ということを学んだ。

それが欧州の認識であり、自分は一貫してそれに沿って書いているんだ。

あなたは「認識が間違ってるよ」の一言で
あなたがいかにFITの事例研究を怠り
周回遅れの認識をしているかさらけ出したんだよ。
165 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 23:15:45.59 ID:xVVZ1fZZ
>>164
FITの価格を柔軟に見なおすことにしたんだろ。
166 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 23:22:38.26 ID:LgrJ75eh
>>165
「今普及させないと間に合わない」という考えは間違いだ、
という価格設定にしたんだよ
率直に言って日本の補助金と大差ない状態になってる

太陽電池を実用化してコストが1/8になるまで牽引してきた
日本のやりかたは伊達ではないってこと。
134 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 20:23:49.37 ID:q+lVMro9
温泉バイナリーだけで、理論上どの程度発電ができるのだろうか
143 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 21:27:27.54 ID:LgrJ75eh
試しに「帆船 復活」でググってみなよ。
そしてそれがいつの記事か見てみたらいい。
事故後に何も知らずに自然エネルギーを語り、
しかも間違っている意見を見るとげんなりするよ。

原発を現実になくしたいなら、
現実の自然エネルギーがいかなるものかちゃんと知ってほしい。
146 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 21:48:54.78 ID:LgrJ75eh
あ、逆か、今化石燃料より安いという意見は違うと思うよ。
燃料電池にしてもドイツの水素製造の話とか
メタノール作るのに風力から作るより
化石燃料をクラックしたほうが今はずっと安い話とか
すこし知っておいた方がいいと思う
147 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 21:52:01.52 ID:LgrJ75eh
っつーかさ。
2年前は「原発の電気で燃料電池を作る水素サイクルでCO2排出ゼロ」
という宣伝が原発メーカーから盛んにされてたわけよ。
原発メーカーとグリーンピースが仲良くお手手握るんじゃないかという状態だった。
その辺もう少し思い出してもらいたいんだが。
148 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 21:54:34.88 ID:LgrJ75eh
アル・ゴア「不都合な真実」と「原発利権」
――CO2削減は「原発推進」の口実なのか
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/54a6e82c7aea6c44305b3fb73253bb8d

昔から原発利権がらみを観察していた人は良く知ってるはずだが。
151 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 22:05:47.93 ID:kePG2Ink
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/environment/548156/
>原発の次に頼るのは…火山列島のエネルギー
>環境省が国立・国定公園での地熱発電所の設置要件を緩和する方針を決めた?

嘘だろ。この前は斜め掘りで矛先かわしの誤魔化しだったし。
さすがにそれを批判され、「温泉住民許可なら試掘だけ」って許可かな
温泉住民に責任を押し付け逃げかな?
で、御用学者を使い温泉住民の不安を煽り、実質、地熱発電の塩漬けを続けるつもりだろ
155 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 22:12:33.86 ID:LgrJ75eh
>>151
……一番責任を押し付け逃げしてるのは
地熱作れと外野で煽ってる人間だと思うけど。
温泉が出なくなったら廃業時の保証をしますから掘らせてください、
と言わなければそりゃ抵抗されると思うけど。
少なくともダム作る時くらいは気合入れないと。

風力はこのたぐいの話は事欠かないよ
現地住民と話し合わない風車は軒並み失敗してる
騒音不安にまともに向き合えるくらい風を綿密に調べないと
ちゃんとした風車は立たないし。

地熱はリモートセンシング頼みだからもっと難しいよ。
当たるも八卦状態だから失敗しそうなのを少しでも取り返すために
バイナリサイクルとか発達してきたわけだし。
178 :名刺は切らしておりまして2012/03/06(火) 23:32:28.08 ID:K6iIVJ2P
>>151
日本国民からどうしても金を毟り取りたい連中がいるんだよな。
日本の経済が停滞しているのもこいつらのせい。
ほんと屑共だ。
180 :名刺は切らしておりまして2012/03/06(火) 23:34:09.27 ID:K6iIVJ2P
>>155
>>温泉が出なくなったら廃業時の保証をしますから掘らせてください、


だったら原発も推進している奴が連帯保証人になるべきだな。
153 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 22:10:37.11 ID:SWEJnPg1
地熱発電って言うと、なぜかすぐに温泉街に視察に行くのはなぜなんだぜ
157 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 22:16:32.84 ID:LgrJ75eh
>>153
浅いところまで自噴してるから、熱水があると言うことが分かるので。
地下の出来事を知ることは容易ではないよ。
154 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 22:11:39.69 ID:rNLtnnFJ
心配するなよ風力発電はプラスチックや鉄銅の塊
石油が尽きたら一緒にあぼーんw
160 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 22:40:52.28 ID:LgrJ75eh
「確かにこの手術で3人に1人が死んでいるかもしれませんが、
 3人に2人が全快しているんです、信じてください」
ってもそんな医者信じないでしょ。

現場の人が何を求めているのか、何に抵抗しているのかちゃんと知らないと。
外野同士があいつらおかしいといいあっているから
おかしなことがあっても官僚が怖がって事なかれ主義で放置されるんだよ。
176 :名刺は切らしておりまして2012/03/06(火) 20:33:45.46 ID:+DIEgwXu
>>175
>>160で書いてるけど
ダムとか道路とかって利と害が予測しやすいから取引がしやすいんだわ
地熱に許可が下りづらい最大の理由は結果の予測の困難さ。
掘った後に温泉枯れました、しかも温度も低すぎで発電できませんでした、
なんてことはザラにあるんで、
バクチに対して法的な収容許可が出しづらいってのが最大の難点。
161 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 22:46:59.75 ID:OR2JBaYU
秘湯を守る会の宿には30箇所以上泊まったが、言ってる意味が分からないな。
温泉源は国民の財産だ、彼等だけの既得権ではない。
この国には、漁業権や水利権といったおかしな権利が多すぎる。
162 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 22:54:19.99 ID:LgrJ75eh
>>161
水利権みたいなのは世界中どこでもあるよ
http://en.wikipedia.org/wiki/Riparian_water_rights

水利権裁判を捌けるかどうかは
前近代の支配者の一つの課題だった
167 :名刺は切らしておりまして2012/03/05(月) 23:27:25.53 ID:LgrJ75eh
自分はさ、FITが間違ってるか正しいかとかさ、
そういう床屋政談レベルの話には興味ないんすよ。
何をやりたいか、その手段をとったら何が起きるかに興味があるわけ。

FITは間違ってないとか叫ぶのは勝手だけどさ、
じゃあそのFITでどこに行きたくて、そのFITがそこに行く手段として適切かが問題なわけよ。
そういう本質を無視して
言葉尻を捉えて間違ってるだのなんだのという“論破”レベルのお話をしてるなら
そりゃあんたはいわゆるネトウヨと同じ脳みその構造してることを自覚してくださいって感じ
168 :名刺は切らしておりまして2012/03/06(火) 00:17:16.94 ID:1mbBBEtj
なんでもいいんだけどよ。
秘湯を守る会は、社会インフラを考えてなくて、あくまでも自営業者の営業権を基盤に
営業妨害だと訴えてる訳だろう。
だが、源泉て国有地のなかだろ。連中は地代払って住んでるのか?
道路だって、必要なら私有地買収して出ていってもらうんだ。
電気作るのに原発じゃ国土を汚染するし、石油は各国のパワーバランスが影響するし、
海底ガス田はあのざまだし、そしたら秘湯の会の意見ばっかり聞いてるのは困るんだよな。
社会インフラなんだから。

そもそも、熱湯でなきゃ温泉じゃないとか思われても困る。
東京だって井戸水温度みたいな温泉はいっぱいでてるんだし。
環境省のサイト見たけど、パブリックコメント募集してないだろこの件。
169 :名刺は切らしておりまして2012/03/06(火) 00:52:47.58 ID:8wX00WEL
>>168
じゃあお前さんは、原発廃止に伴う強制節電のために事業所ごと廃止するので
お前さんクビですって納得するのか?
175 :名刺は切らしておりまして2012/03/06(火) 20:13:24.62 ID:1mbBBEtj
>>169-170
ふつう、そういう時は移転で案内されるだろう。
道路で強制収用だってそうだぞ。ごねない限りはw。

> 古い家とか田舎の家とか
まぁ浦安とか、東北の被災地は、まぢでそれやってる最中だが。
八ツ場ダムのあたりもそうだな。
ちゃんと代替地もらってるだろ。しかも補償費出てるだろう、八ツ場ダムの場合は。

170 :名刺は切らしておりまして2012/03/06(火) 00:56:27.98 ID:8wX00WEL
もう少し現実的なところで行くか。
いま新築の家の熱効率は高めろって指令が出てるけど、
古い家とか田舎とかで熱効率が悪いし補修の見込みもないから
強制退去、新築費は自腹で、と言われて納得できるか?
171 :名刺は切らしておりまして2012/03/06(火) 01:57:05.70 ID:5PTlm56Q
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%86%B1%E7%99%BA%E9%9B%BB
日本で地熱発電が進まないのは、国・地元行政の支援が乏しく法律で規制され、また、地域住民の反対による。
1972年、経産省・環境省は、地熱発電の候補地を国立公園に指定し、覚書「今後、地熱発電を国立公園に建設しない」で連携。

地熱学会などは、国立公園内にも巨大ダムや大型施設があることから、環境省の裁量次第で建設できると反論。
また、日本では地熱発電が温泉など周辺環境に影響を与えた事が無く、温泉・観光地との共存共栄は可能との見解。
が、草津温泉では、地熱発電・温泉の関係を検証する地下ボーリング調査等さえ反対している。

なお、激しい反対運動を押し切って、国定公園に敦賀原発(既に稼動)と上関原発(瀬戸内海国立公園に建設中)を認可し、
国立公園だから建設できないとする理由の根拠に疑義がもたれる。
172 :名刺は切らしておりまして2012/03/06(火) 03:47:33.88 ID:1FVZg8Mq
>>171
ひでえダブスタだなおい
173 :名刺は切らしておりまして2012/03/06(火) 08:10:51.47 ID:8Z9VsAlj
お湯が減ったり温度が低下した例があるからな
地熱発電推進派は観光地を買い取ってやれよ
そうすればできるぜ
174 :名刺は切らしておりまして2012/03/06(火) 09:17:23.78 ID:+DIEgwXu
原発の場合は発電量の見込みが立てられるから許認可のために方々に手をまわして……とかやる人間も出てくるが
地熱の場合は建設する側でさえ成功するかどうか確信持ってないから、
根回しするにもどうにも自信がない曖昧な答えしかできないのが難だとは思うわ

ダブスタというよりは反対を押し切るパワーが建設側にあるかどうか。
パワーってのは文字通りの発電量の期待値の話で。
181 :名刺は切らしておりまして2012/03/07(水) 19:24:15.53 ID:RqT+GprD
お金をかけないで、いち早くできる自然エネルギー利用法


1、太陽熱温水器
  日本の家庭の熱利用の3割は給湯。
  水道直結直圧型真空管式太陽熱温水器の設置に家庭へ8割の
  補助、企業病院などには義務化をする。
  ?既存の給湯器の前段に付ける。(温度ミキサーを使用)
  ?ラインを新設する。

2、小水力発電の推進と廃止された小水力を含めた水力発電所の再活用。
  ?小水力発電所は戦後、国策として多額の補助機を費やし増設させたが
  商用電源がくると金属くずとして電線や設備を売却することにより
  大幅な利益が出たため、中国地方を除いて大幅に減少した。
  ?戦後、多額の投資を砂防ダムや農業利水網に投資をしたので膨大な
  未利用水力がある。
  ?普通の水力でも廃止したところがかなりみられる。

  小水力発電を復活ないし、砂防ダム、農業利水網、あらたな設置可能な場所に
  徹底的に設置する。
  廃止された水力発電所を復活させる。

3、地熱(温泉発電)
  できるだけ、早急にコストをかけずに設置するためバイナリー型をまず、限界まで
  設置する。

4、風力や太陽電池は1〜3より後回しまたは減額。1〜3を5年で集中投資する。



清富地区小水力発電(前編)
http://www.town.kamifurano.hokkaido.jp/hp/saguru/0708takeuchi.htm
戦後、政府が小水力を推進したのがよくわかる。
小水力を語るうえで非常にいい読み物。
資源調査会が水力発電所を基本に据えていこうとした時代と重なる。

バイナリー発電
http://www.asahi.com/business/topics/economy/TKY201003070322.html
温泉発電広がるか 60度でOK、設備も小型

(注意 現在では小型分野にも企業が参入済み)
182 :名刺は切らしておりまして2012/03/07(水) 23:05:39.42 ID:YwOgH6b3
>>180
基本そういう路線でしょ
いままでかなり軽く見積もられてたが
これから普通に重くなると思うよ。

>>181
1.に関してはお金かかってるよ。「8割補助」が必要な点で推して知るべし。
2.も環境省が調査出してるけど電線引く銅線の精練にかかるエネルギーのペイバックに何年かかるんだという
 効率の問題がある(から金属として売った方が価値が出てしまう)のと、
 大型ダムに比べ発電量が5〜6桁少ない(100MW級と1kW級)んで総量のタカが知れてる
 環境省のポテンシャルマップ参照。
3.バイナリサイクルは熱効率が非常に悪い低温の場所に設置するものであり、安くない。
 掘って高温が当たったら水蒸気利用にするのは普通。
4.今んとこ採算性がありそうなのは立地条件がいい場合の風力のみ。
 太陽光はコスト低下まで後回しでいいのは同意。
183 :名刺は切らしておりまして2012/03/07(水) 23:09:06.98 ID:YwOgH6b3
バイナリサイクルが安くて優れた技術と勘違いされているのか……
あれは発電効率がグっと下がる低温でも一応回るという程度のシロモノであって、
コスパとか考えるとそんなにいいものではないから。
184 :名刺は切らしておりまして2012/03/07(水) 23:13:07.07 ID:YwOgH6b3
ただ「低温でも」という利点はその低温が割と見つけやすくて計算がたてやすい、ということかな。
最大発電量のタカはしれてるんで原発を一気に置き換えるほどのパワーはないが、
地味に続ければ2個くらいの置き換えは期待できるとは思う。
185 :名刺は切らしておりまして2012/03/08(木) 00:48:09.94 ID:mWIwYMgo
このまま発送電分離しないまま地熱発電所を建設が進めば、
発送電分離後、腐った各電力会社が有利な場所の地熱発電所を得てしまう。
だから、先ず発送電分離し、その後に地熱発電の塩漬けを解除すべきなんだが…

今までマスゴミやネットで、「地熱発電で温泉が変化」と言って温泉住民に不安を煽っていた電力マフィアの犬どもは、
数年内に今度は逆に「地熱発電の安全神話」の洗脳に邁進するだろう
190 :名刺は切らしておりまして2012/03/08(木) 02:05:11.76 ID:PnUyYjDr
>>185
発送電分離しなくても自給自足用に使うのは自由ですがな
いわゆる「埋蔵電力」ってやつで合計すると東電の発電能力に匹敵するほどある
上述の話で分かる通り電力マフィアの力はそんなに強くない

温泉街が電気代が節約できるはずなのに自給自足用に使ってない
理由は考えれば分かるな?
200 :名刺は切らしておりまして2012/03/08(木) 18:09:07.24 ID:SU0rZyPG
>>190
嘘乙www
電力会社の工作資金がまだまだあるらしいぞ。
もっと徹底的に絞り取れや。
186 :名刺は切らしておりまして2012/03/08(木) 00:55:43.39 ID:mWIwYMgo
原発再稼動も新たな原発建設はもう無理だろう。
電力会社が太陽光や風力の発電所を建設しても電力料金は高くなりメリットは無い。
水力発電は中小しか残っていない。
だから、希望は地熱発電だけ。
地熱発電を塩漬け画策した電力マフィアが、今度は逆に地熱発電推進を画策とはアホ丸出しの構図だな
189 :名刺は切らしておりまして2012/03/08(木) 01:05:38.47 ID:LhPASI4o
温泉地主って解同とかヤクザみたいなのが多いんじゃなかったっけ?
このまんまじゃ殺されて山に埋められるか温泉で溶かされる人が出るな。
198 :名刺は切らしておりまして2012/03/08(木) 14:13:39.32 ID:su8HtJXF
>>189
解放同盟のドン松本龍は、もうただの負け犬だわ
191 :名刺は切らしておりまして2012/03/08(木) 02:06:23.56 ID:PnUyYjDr
> 希望は地熱発電だけ
この願望の為に地熱が夢のエネルギーだと信じ込むことがおかしいんだよ。
そういうあらぬ願望が新しい電力システムの設計を遅れさせる。

いまんとこ「理想の電力はない」これが現実だ
192 :名刺は切らしておりまして2012/03/08(木) 13:15:21.24 ID:f4ntv+Hp
もうすぐ地熱発電になる。
電力マフィアが地熱発電塩漬けした理由は、地熱発電が盛んになると、原発が不良債権化し倒産するためだ。
(原発1基の5000億円は、銀行・生命保険会社からの借金で作られているため)
しかし事故後、原発は再稼動できないため不良債権化。そのため、銀行などの融資引き上げ綱引きが始まっている。
帳簿上は破産でも、新たな発電所建設で銀行融資を受け自転車操業できる。
この理由などで、最近、太陽光・風力の発電所建設しているが、融資額は小だし発電は天候任せだし設備利用率も低い。
だから、背に腹は変えられず、地熱発電所の建設ラッシュになるだろう。
原発再稼動断念し不良債権化するのを、国の支援費や原発被害救済費で誤魔化すだろう
193 :名刺は切らしておりまして2012/03/08(木) 13:30:25.41 ID:xXmxCrw7
原発反対(怯え)派によるとこの人たちも原発利権の申し子でサクラなんだってw
194 :名刺は切らしておりまして2012/03/08(木) 13:40:37.09 ID:aozbbkbm
電力各社倒産しても、融資・投資していた銀行・生命保険会社などは損益計上するだけの事。
で、倒産の電力各社は、売電部門・買電部門など色々分離し別会社としてスタートするだけの事。
つまり、寄生虫以外は、社員にも国民にも何の支障は無い。
逆に、社員はヤル気になるし、勿論、国・国民にとって最良。
何より産業が活性化し、産業界にも最良だし、国民にも雇用が増え最良となる
195 :名刺は切らしておりまして2012/03/08(木) 13:48:56.71 ID:aozbbkbm
原発関連資産(使用済み核燃料も含む)が、事実上、不良債権化した今、六ヶ所村(再処理・保管など)なども不良債権化する。
ただ、電力各社の倒産が早いほど、銀行らの損益が遥かに少なくなる。
問題は、電力マフィア(電力各社・政財官の一部・関連団体・御用学者)のトップほど、
痴呆化し椅子にしがみ付こうとしてる事だろう
199 :名刺は切らしておりまして2012/03/08(木) 16:18:54.31 ID:Xfh7elSe
まあ、温泉産業も後継者不足であと数十年で縮小していくだろうし
いま抵抗するのも時間稼ぎにしかなってない